リハビリテーション科

診療科のご紹介

基本方針
1.すべての障害を持った方々に平等に接し、高度で安全なリハビリテーション医療を提供します。
2.障害を持った方々の、早期家庭復帰と早期社会復帰を目指した援助を行います。
3.常に研鑽を積み、リハビリテーション医療の発展に努め、治療効果を内外に発信します。
4.多職種連携に努め、障害をもった方々の抱える問題に適切に対応できるリハビリテーション医療の継続を提供します。

診療について
リハビリテーション医療は、基本的動作能力の回復等を目的とする理学療法、応用的動作能力や社会的適応能力の回復等を目的とした作業療法、コミュニケーション能力の回復等を目的とした言語聴覚療法、接種嚥下機能の回復を目的とした摂食嚥下機能療法から構成され、実用的な日常生活における諸活動やコミュニケーションの自立等の軽減を図るために、種々の運動療法・歩行練習・日常生活動作練習・言語練習・摂食嚥下練習などを組み合わせた治療が、患者さまの状態に応じ実施されます。
リハビリテーションの実施にあたっては、患者さまの機能評価に基づき実施計画があ策定され、それに基づいた治療が行われます。治療効果は、定期的に行われる機能評価により判定され、それにより抽出された問題点に対しては、さらに検討を加えたのちに治療が実施されます。

主な診療内容

主に急性期リハビリテーション(心大血管疾患、脳血管疾患等、運動器、呼吸器、がん患者など)を実施します。早期の家庭復帰と社会復帰を目的に受傷(発症)後早期から物理療法、作業療法、言語聴覚療法、摂食嚥下療法が行われます。また、障害をもった方々の身体機能の維持等を目的とした回復期リハビリテーション、虚弱高齢者等に対する介護予防を目的とした予防的リハビリテーションも行っています。

特色

・集中治療室における超急性期の早期離床・リハビリテーション
・脳血管疾患・神経難病に対する急性期リハビリテーション
・消化器外科の手術前後を含むがんのリハビリテーション
・地域と連携した地域包括ケア病棟でのリハビリテーション
・心大血管疾患に対する外来心臓リハビリテーション
・慢性呼吸器疾患に対する外来呼吸リハビリテーション
・スポーツ外傷・障害に対するスポーツ整形リハビリテーション
・食べること全体に対応した摂食嚥下リハビリテーション

 施設基準

・脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
・運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
・呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
・心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
・がん患者リハビリテーション料
・摂食機能療法

 スタッフ構成

 当科には以下の職種が在籍しています。(2021年10月現在)
 医師1名、理学療法士14名、作業療法士3名、言語聴覚士3名、リハビリテーション助手2名

 理学療法士と作業療法士は以下の4チーム制(脳血管疾患等担当、心大血管疾患担当、運動器担当、呼吸器・がん患者担当)を敷いています。また、地域包括ケア病棟の専従(1名)も担っています。

 脳血管疾患等担当チーム

 脳血管リハビリテーションでは、主に脳卒中やパーキンソン病などの神経難病、脳炎、脊髄炎等の神経疾患に対するリハビリテーションを提供しています。入院後は検査・ 治療に並行してできるだけ早期に体を起こし、車椅子移乗や歩行練習を開始することで、機能低下の予防および後遺症に対する機能回復を目指します。

 脳血管リハビリテーションの対象
 脳卒中のほか、パーキンソン病などの神経難病、肺炎や神経障害等の神経疾患に対するリハビリテーションを実施しています。

 脳血管疾患に対するリハビリテーションの特色
 (1)発症急性期から状態に応じて離床を進めることで種々の機能低下を予防し、後遺症に対する機能回復を目指します。
 (2)日常生活動作を可能な限り自立して行っていただけるようになることを目標に身体機能・高次脳機能評価結果からリハビリテーションプログラムを立案し、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による個別訓練を継続します。
 (3)患者様の価値観や生活様式を尊重し、必要となる日常生活動作練習や生活上の工夫に関する提案もさせていただきます。
 (4)退院時の自主訓練や動作方法のご提案のほか、必要に応じて当院包括ケア病棟への転棟や回復期リハビリテーション病院への転院、介護保険サービスの利用を含め、定期的に多職種で情報共有しながら包括的に検討し、ご提案させていただきます。

 

 心大血管疾患担当チーム

 心大血管リハビリテーションでは、心臓や大血管などに関わる疾患に対して薬剤や手術等の治療、栄養指導などと併せてリハビリテーションを行います。入院だけではなく外来でのリハビリテーションも行っています。

 

 心大血管リハビリテーションの対象
 心不全、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症などの末梢動脈疾患、腹部大動脈瘤などの疾患を対象にしています。

 

 心大血管リハビリテーションの特色
 (1)循環器内科や心臓血管外科の医師、看護師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー、リハビリテーションスタッフの多職種で情報共有を密に行っており、さまざまな側面から包括的なアプローチをしています。
 (2)個々の症状や体力などに応じて運動の強さや種類を調整し、適切な運動により動作能力の維持および向上を目指しています。
 (3)病気の再発予防や身体機能および動作能力の維持のため、在宅生活での注意点や自主トレーニング指導を行っています。

 

 運動器担当チーム
 運動器リハビリテーションでは、骨、関節、筋腱、靱帯、脊椎、脊髄、末梢神経など運動器に関わる疾患に対して、主に整形外科による手術等の治療と併せてリハビリテーションを行います。入院時だけではなく、外来でのリハビリテーションも行っています。

 

 運動器リハビリテーションの対象
 急性発症した運動器疾患やその手術後を対象とします。また、退行変性に伴う脊椎・関節疾患や関節リウマチなどの炎症性関節疾患などの慢性の運動器疾患も対象とします。

 

 運動器リハビリテーションの特色
 (1)高齢者における骨折等の外傷に対しては下肢深部静脈血栓症や肺塞栓症、認知症などの合併症の予防も考慮し早期からの介入に取り組んでいます。
 (2)手術後のリハビリテーションを円滑に行うため、手術前から運動の指導や合併症予防の運動指導等を行います。
 (3)基本的動作能力の回復を通して、日常生活が支障なく送れるように個々に適した運動療法等を行います。
 (4)スポーツに伴う外傷や障害に対し、早期復帰を目指した保存的治療や手術後のリハビリテーションを行います。
 (5)当院でのリハビリテーションに加えて、さらにリハビリテーションの充実が必要と判断された場合は地域連携室を通して回復期リハビリテーション病院への紹介を行っています。


 呼吸器・がん患者担当チーム
 呼吸リハビリテーションとは、呼吸器の病気のために生じる息切れ・咳・痰などの症状を軽くし、可能な限り病気の進行を予防したり、がん等の腹部外科術後の呼吸機能の低下を予防したり、筋力・体力などの身体機能を回復・維持することによって、患者さん自身が自立した日常生活・社会生活を送れるようにサポートする治療法です。

 対象となる病気や状態
 1.慢性閉塞性肺疾患(COPD)や間質性肺炎などの呼吸器の病気がある方
 2.肺炎などで入院が必要になった方
 3.呼吸器の病気が急に悪化した方
 4.胸やお腹の手術を受ける方・受けた方
 5.人工呼吸器を着けている方
 6.小児の喘息や肺炎で入院された方


 呼吸リハビリテーションの効果
 ・息切れ、生活の質、体力の改善に繋がります。
 ・急性憎悪による入院を減少させることができます。
 ・早期に退院して、入院期間を短くすることが期待できます。

 

 呼吸リハビリテーションの特色
 (1)呼吸リハビリテーション外来では、身体機能や日々の運動量などについて詳しい検査を行うことで、お一人お一人にあったリハビリテーションを提供しています。
 (2)がんなどの病気で胸やお腹の手術を受ける方に対して、手術後の合併症予防と手術前の生活への復帰を目指し、手術前から退院まで継続したリハあびりテーションを行っています。
 (3)人工呼吸器などが必要となるような重症な方にも、呼吸機能の改善や体力・筋力の低下防止を目的に早期からリハビリテーションを行っています。
 (4)肺炎などで入院中の方には、体を動かしやすくなるようにコンデションニング(呼吸の練習、痰を出す練習、息切れがしにくい体の動かし方)を早期から行っていただき、早期退院を目指します。

 

 地域包括ケア病棟
 急性期治療が終了し、症状が安定したもののすぐに在宅や介護施設へ復帰することが不安な患者様に対して、必要な医療や支援を行い在宅や施設への復帰をサポートします。リハビリテーションは、病棟に専従の療法士がいることで単に身体機能の回復を図るだけでなく、実際の日常生活を把握したうえで、退院後の生活を見据えたより具体的なプログラムをていきょうします。

 

 地域包括ケア病棟の対象になる患者さまは、急性期治療を終えた後、在宅での生活にまだ不安がある方、もう少し経過観察が必要な方、在宅復帰に向けてリハビリを続けて行いたい方、在宅での生活に向けて介護保険サービスを導入したい方、ご自宅の環境などの調整が必要な方などです。

 

 地域包括ケア病棟でのリハビリテーションの特色
 (1)看護師、医療ソーシャルワーカー、リハビリスタッフなどが連携して、退院支援を行います。
 (2)在宅生活を送るための問題点や目標を、ご本人やご家族と共有してスムーズな復帰を目指します。具体的には、玄関前や上がり框の段差昇降、トイレや浴室での動作など独自のプログラムを実施します。
 (3)入院中に獲得した身体機能や動作能力を退院後も維持できるように、自主トレーニングの説明を行います。
 (4)杖や歩行器、その他の福祉用具の選定や調整を行います。
 (5)必要に応じて家屋調整を行い、段差の解消や手すりの設置など安全に生活ができるようにサポートします。
 (6)在宅での介助方法が不安なご家族に対して、介助方法の説明を行います。

 

 その他
 廃用症候群に対するリハビリテーション
 廃用症候群とは、脱水や血糖異常、肝障害などのさまざまな疾患で入院され、治療のためにベッド上の安静が続き、日常生活に介助を要する状態であることを示します。廃用症候群のリハビリテーションでは、日常生活動作を自力で行うことができるように、基本的動作の練習、歩行練習、下肢筋力増強運動などのリハビリテーションを提供します。状況によっては、関節拘縮の予防や解除量の軽減が目標となる場合があります。

 

 言語聴覚士によるリハビリテーション
 言語聴覚士は、疾患別チームを超えて関わっています。
 言語聴覚士は、言語機能、音声機能又は摂食嚥下機能障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、検査・評価を行い、必要に応じて言語機能リハビリテーション、摂食嚥下機能リハビリテーションや、指導、助言、その他の援助を行っています。
 言語機能リハビリテーションは、脳血管疾患や神経筋疾患による失語症、口腔顔面の麻痺、認知症のコミュニケーション障害に対して言語機能リハビリテーション、高次脳機能リハビリテーションを行います。発症直後から個々に合わせた介入を行っており、外来でのリハビリテーションも行っています。
 摂食嚥下機能リハビリテーションは、脳卒中や加齢による摂食嚥下機能障害(飲み込みづらい、むせやすい)を対象にリハビリテーションを行います。当院ではより良い環境で経口摂取訓練ができるよう医師、看護師、栄養等と連携して介入しています。NST(嚥下ケアチーム)の一員として嚥下造影検査、内視鏡検査による嚥下機能評価に携わっています。必要に応じて、ご家族からのご相談にも対応しています。
 地域連携室を通して回復期病院へ紹介、地域の方への指導や助言も行っています。

 

 多職種・多施設との連携
 以下の各種委員会や予防教室等で院内外の医師や看護師などの多職種と連携しています。

 医療安全対策委員会、褥瘡対策委員会、院内感染対策委員会、クリニカルパス委員会、緩和ケアチーム、排尿ケアチーム、NST(Nutrition Support Team,栄養サポートチーム)、地域医療連携パス、DMAT(Disaster Medical Assistance Team,災害派遣医療チーム)等

 糖尿病教室、呼吸教室、転倒予防教室、肝臓病教室、がんサポート教室、市立病院&あらや健康セミナー等

 

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る