呼気試験

 

体内(胃内)のピロリ菌の感染の有無を調べる検査です。
ピロリ菌とは正式名称「ヘリコバクター・ピロリ」と呼び、
胃・十二指腸潰瘍、胃癌と深く関わりがある菌です。




尿素呼気試験の方法:

@検査薬服用前の呼気を採取。

A検査薬(ユービット錠)100ml の水とともに飲む。

B左側臥位の姿勢で 5 分間待つ。

C坐位で15 分間待つ。

D検査薬 20 分後の呼気を採取。

E分析器で測定(当院では外注検査に提出)。


呼気試験を受けられる方への注意事項

1.朝食は食べずにお越しください
(約8時間の絶食状態)

2.喫煙は2時間以上前から控えて下さい。

3.水分は出来る限り控え、水・お茶程度としてください。
検査1時間前からは絶飲です。

4.プロトンポンプインヒビター(PPI),抗生物質、
ピロリ菌に対する静菌作用のあるお薬は検査結果に
影響を与えるため、検査前
2週間以上の服用中断が
必要となります。詳しくは検査前に担当医師にご相談下さい。
上述以外の薬の服用は差支えありません。




戻る