産婦人科病棟へようこそ

★外来

分娩の予約、受診方法について

 当院では分娩の予約制限をしておりません。分娩希望の方は下記に直接電話をしてください。
 
当初から当院で妊婦健診を受ける場合   里帰り分娩・転院の場合
妊婦健診予約
電話予約センターへ
TEL:018-867-7486

32~34週までにかかりつけ医より紹介状をもらい受診。

前回帝王切開をされた方、双子の妊娠、子宮収縮抑制剤を内服している場合には早めの受診をお願いします。

     
予約日に受診します
当院受診
予約日に受診します
紹介状、検査データ、保険証、当院の診察券(お持ちの方)、母子手帳、妊婦健康診査受診票(補助券)の残りをご持参ください。

     
当院での分娩希望の旨を外来でお話ください。
必要書類を記入します。
分娩予約
必要書類を記入します。

※新患の方は、比較的遅い時間に予約をしたほうが待ち時間が少なくてすむようです。

 外来日程はこちらをご覧ください。

 

プレママ外来

妊娠中から分娩までの継続したサポートを目指して、プレママ外来を開催することになりました。安心してお産を迎えるように、皆さんの不安や悩みに対して、助産師がご相談にのります。助産師とゆっくりお話ししてみませんか?

例えば・・・

  • 「事情があって母親学級がうけられない!お産のときどうすればいいの?」
  • 「赤ちゃん用品はどんな物をそろえたらいい?」
  • 「赤ちゃんをお風呂に入れる練習をしたい」
  • 「帝王切開についてしりたい」
  • 「バースプランって?」
  • 「お産後のおっぱいってどうなりますか?母乳ってでるの?」
 

などなど・・・一人ひとりの悩み、疑問に丁寧にお答えします。出産後について心配な方には、継続してフォローしていきます。
 

対象 妊娠24週~分娩までの妊婦様とそのご家族(当院で分娩予定の方のみ)
開催日 毎週月・金曜日(祝日はおこなっておりません。)
時間 ①13:30~14:15 (1名)
②14:30~15:15 (1名)
場所 産婦人科外来
費用 無料

※予約制となっております。詳細は産婦人科外来までへお気軽にお尋ねください。お電話の予約も可能です。
※当日は再来受付後、産婦人科外来へ。バースプランと母子手帳を持参してください。
 

母乳外来

当院では、助産師による「母乳外来」を開いております。
産後のお母さん、赤ちゃんの母乳育児を応援します。

赤ちゃん おっぱいの事で、心配、不安のある方
赤ちゃん 赤ちゃんの体重が増えているか、心配な方
赤ちゃん 育児に自信がなくて心配な方など・・・

 マンツーマンで、おっぱいマッサージの実施、育児相談を行います。
 

対象 当院で出産された方
開催日 毎週火曜日・木曜日(祝日は行っておりません)
時間

①13:30から14:30まで(1名)

②14:30から15:30まで(1名)

場所 産婦人科外来
費用 1000円(市町村発行の補助券利用可)

 

母親学級

赤ちゃんがお腹の中で動くたびに、愛おしさがこみ上げてくることと思います。妊娠や、出産は女性の自然現象ですが、お産が無事に終わるためには、お母さんと赤ちゃんの共同作業が十分に相乗効果をあげなければいけません。

母親学級は妊娠中の生活や、お産への知識や興味を深める場です。元気な赤ちゃんを出産できるよう、こころと身体の準備をしましょう。

第1講座  
開催日 奇数月第1水曜日
時間

13:30から15:30まで

場所 2階講堂
内容
  1. 赤ちゃんの救急蘇生(救急認定看護師による)お話
  2. 小児科医からのお話し
  3. 産科医からのお話し
  4. 妊娠中の栄養(栄養士)
  5. おっぱいの手当て(助産師)
費用 無料

 

 母親学級
 

第2講座  
開催日 毎週第3水曜日
時間

13:30から15:30まで

場所 2階講堂
内容
  1. DVD鑑賞、入院案内(物品説明など)
  2. お産の流れ、呼吸法について
  3. 病棟案内
費用 無料

 

※受講を希望される方は、予約センターへお電話してください(TEL:018-867-7486)

※ご主人やご家族の方も参加できます。立ち合い分娩をご希望の方は、できるだけご一緒にご参加ください。

※母親学級の冊子は、当日会場でお渡しします。

※講師や会場の都合により日程を変更する場合があります。

 

★病棟案内

分娩

陣痛室では助産師がよりそい呼吸法をサポートします。立ち会い分娩も行っています。出産直後には、バースプランにそって産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしたり、おっぱいを吸わせたりすることもできます。

 
 

  • 分娩室


     

  • 陣痛室

  
 

母児同室

当院では母児同室を実施しています。

出産直後からのスキンシップや授乳は乳汁分泌を促進させるとともに、親子の絆も深まります。赤ちゃんは産まれたときからよく泣く子、よく眠る子など一人ひとり個性があります。同室することで赤ちゃんをよく知り、育児に慣れ、自信をもって退院できるようスタッフがサポートしています。当院では母乳育児確立のために一番大切なことは赤ちゃんが直接上手におっぱいを飲めることだと考えています。赤ちゃんが上手に飲めるようになるまで何回も一緒に授乳を行っています。

お母さんの体調によっては赤ちゃんをお預かりすることもできます。心配なこと、不安なことがありましたら遠慮せずお話しください。

 

小児科医の診察

当院では、小児科と連携をとって新生児のケアを行っています。出生1日目と5日目に小児科医師が診察を行い、赤ちゃんの健康管理に努めています。

 
 

沐浴体験

初産婦さんを対象に沐浴の体験をしてもらっています。

  沐浴体験
 

産後の足湯

産後3から6日目にアロマオイルを使用した足浴を行っています。

  アロマオイル

 

お食事と栄養

自然分娩の方は3日目、帝王切開の方は6日目にお祝い膳がでます。

  • お祝い膳写真

  
 

  • 授乳食の一例
    
※左から朝食、昼食、夕食
   

面会について

面会時間は、①午前11時から午後1時まで②午後3時から午後8時までとなっています。

当科は母児同室となっているため生花のお見舞いはお断りしています。また、できるだけ皆さまの要望にそえるよう、家族面談室を新設しました。自分のお子様に限り未就学児でも面会できるようになりました。

当科には、安静の必要な妊婦さん、授乳や仮眠をされるお母さんたちが多くいらっしゃいます。出産後も昼夜問わず、授乳・育児に忙しい生活が続きます。そのため、皆さんそれぞれに休息をとっています。

ご家族、ご友人、お見舞いの方々の大きい声での会話・長時間の面会はご遠慮ください。

※インフルエンザの流行期などは、面会も制限されます。詳しくはご面会の方へをご覧ください。

 

ご出産された方からの声 

  •  おっぱいが張ったときの対処方法についてマッサージをしてくださった後に教えてくれたので、授乳しやすくなったように思います。ありがとうございました。
     
  • すごく皆さんによくしてもらって、本当に助かりました。陣痛が始まって苦しいとき、励ましてくれたり、頑張れました。
     
  • 母乳に関して親切に教えていただいて助かりました。出産時も色々と優しく接していただき嬉しかったです。
     
  • 今回初めての入院でしたが、楽しく気楽に過ごすことができました。赤ちゃんと同室となっていますが、時々1人になる時間も作ってくれたので、のんびり過ごせました。

 

私たちからのプレゼント

  • お産後の記念写真
    お産後の赤ちゃん お産後の赤ちゃん
     
  • 赤ちゃんの足型
    赤ちゃんの足型

 

 

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る