平成28年度看護部目標

平成28年度看護部目標

住民が集まる病院を目指す

  1. 看護体制の整備
  2. 高齢者に配慮した医療の充実

看護部目標/各評価視点

財務の視点

  • 健全な病院経営に参画する
戦略目標
(重要成功要因)
  • 健全な病院経営に参画する
     
KPI
(重要業績評価指標)
(1) 入院基本料および特定入院料施設基準の堅持
(2) 地域包括ケア病棟の構築と維持
(3) 勤務時間の適正化(超過勤務の時間を平成25年度レベルとする)
目標値
(1) 100%
(2) 100%
(3) 部署毎の設定値
実施項目
(1) 施設基準に係る加算要件の維持
  「重症度、医療・看護必要度」の適切な評価と基準の維持
   看護補助者の適切な配置と基準の維持
(2) 対象患者の選択とスムーズな転入
  地域包括ケア入院医療管理料要件の維持
(3) 各部署の目標時間をクリアする
KPIオーナー (担当者)
(1) 看護部、各師長
(2) 看護部、各師長
(3) 看護部、各師長

顧客満足の視点

  • サービスが充実し、患者満足度が高まる
  • 職務満足度が高まる
戦略目標
(重要成功要因)
  • サ-ビスが充実し、患者満足度及び職務満足度が高まる
     
KPI
(重要業績評価指標)
(1) 入院・外来患者満足度
(2) 職務満足総合評価
目標値
(1) 入院:98.5%、外来:95%
(2) 100%(56.5点)
実施項目
(1) 入院・外来患者満足度調査の実施
(2) 職務満足度調査の実施
KPIオーナー (担当者)
(1) 看護部、各師長
(2) 看護部

内部プロセスの視点

  • 働きやすい職場環境の土台作り(4年目)
  • 患者が求める看護サービスの実践
戦略目標
(重要成功要因)
  • 働きやすい職場環境作り(4年目)
  • 患者が求める看護サービスの実践
KPI
(重要業績評価指標)
(1) 変則2交代勤務の一部導入
(2) タイムマネジメントの実践
目標値
(1) 試行部署、2部署で実施(100%)
(2) 実施:100%
実施項目
(1) 試行可能な夜勤交代制勤務の推進
  具体的勤務編成の作成・実施
(2) タイムマネジメントの実践
  師長会議での進捗状況の発表および修正2回(10/24・12/27)
  師長会議での成果発表(2/14)
KPIオーナー (担当者)
(1) 看護部、WLBプロジェクト
(2) 看護部、各師長

学習と成長の視点

  • 看護体制の理解
  • 高齢者に配慮した医療の理解
戦略目標
(重要成功要因)
  • 看護体制の理解
  • 高齢者に配慮した医療の理解
KPI
(重要業績評価指標)
(1) 夜勤交代制勤務の理解
(2) タイムマネジメントの理解
(3) 認知症学習会「基礎編」の開催
目標値
(1) 理解度80%以上
(2) 学習会の開催:100%
(3) 正規職員:全員参加(臨時・パート:任意)
実施項目
(1) 説明会の開催(変則2交代勤務について)
  開催後・試行後のアンケート調査の実施
(2) タイムマネジメントの学習会
  平成27年度実施した病棟師長によるプレゼンテーション(5/24)
  マネジメントの実践について検討会を2回開催 1回目 7/11:現状把握、2回目 8/9:計画案の討議
(3) 認知症学習会
  高齢者・認知症患者の特徴と効果的な対応方法について
  ナーシングスキル動画講義の活用
KPIオーナー (担当者)
(1) WLBプロジェクト
(2) 看護部、各師長
(3) 看護部、教育委員会

過去の看護部目標(BSC)

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る