眼底検査

カメラで瞳の奥の写真を撮り、網膜血管や視神経乳頭の観察を行います。網膜血管は人体の中で唯一、直接に血管を観察できる部位であるため、そこから全身の血管の状況を推察することができ、生活習慣病の検査としても有効です。
眼底検査では網膜の状態(剥離・出血・炎症等)の他、高血圧、糖尿病の血管への影響、動脈硬化の程度、緑内障、脳腫瘍などの様々な疾患を発見することができます。

検査方法

眼底カメラのレンズを覗いていただき、左右交互に眼底の写真を撮ります。撮影後、フラッシュで眩しい感じが残るかも知れません。
(※検査科で行う眼底検査では、散瞳薬は使用しません。)

検査時間

 約10分

注意事項

 撮影時、眼鏡、コンタクトレンズは外していただきます。

 

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る