味覚検査

電気味覚計の電極を舌に当て、微量の電流で刺激し、味覚を感じる神経の反応を調べます。わずかな電気刺激で金属味が生じることを利用し、電流の強さを変えてその程度を計ります。測定箇所は、舌の前方、後方、上あごの後方の3カ所の左右を測定します。

検査の流れ

  1. 測定箇所に電極を当て、わずかな電流を流します。
  2. 徐々に電流を上げていき、金属の味を感じたら教えていただきます。

検査時間

 約20分

注意事項

ペースメーカーを装着している方はお申し出ください。

 
 

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る