神経伝導速度検査

検査目的

手足にしびれや痛みがあったり、力が入らないなどの症状がある場合に行う検査です。顔面神経麻痺の患者さんの場合は顔の神経を対象に行うこともあります。

検査方法

目的とする神経に電気刺激を与え、その反応を見ながら検査します。

検査時間

神経1本あたり30分ほど掛かり、検査する神経の本数によって検査時間が変わります。例えば、神経2本分の検査をする場合は1時間、4本検査する場合は2時間ほど掛かります。また、検査を受ける方の病状などにより刺激に対する反応が得られにくい場合は検査時間が長く掛かる場合があります。

検査上の注意事項

最小限の痛みで済むよう注意を払いますが、神経に対して電気刺激を与えますので、痛みを伴います。また、検査中は仰向け、またはうつ伏せの姿勢でベッドに寝て頂きますので、腰痛などお持ちで長時間同じ姿勢のままがつらい場合は遠慮なくおっしゃって下さい。手の場合は手首から上腕まで、足の場合は足首から膝の裏まで、刺激をするため素肌を出して頂きますので、検査用の病衣に着替えをお願いします。顔の神経の検査の場合は耳の付け根付近を刺激しますので、耳飾りなどは外して頂きます。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る