新生児聴覚検査(Auto ABR)

新生児の難聴の早期発見のために行う簡易聴力検査です。先天性難聴の早期発見・早期療育はその後の言語発達に有効であると言われています。小さなイヤホンから音を聞かせ、脳からの電気的反応(脳波)を皮膚表面に貼った電極で検出して検査します。

検査方法

  1. 眠っている赤ちゃんのおでこ・首の後ろ・肩の3カ所に電極を装着します。
  2. 耳にはイヤホンを装着します。
  3. ささやき程度の小さな音を聞かせ、脳波を検出・測定し、検査装置が自動で聞こえを判定します。

検査時間

 約20

注意事項

・眠っていないと検査ができません。

 

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る