聴性脳幹反応(ABR)検査

検査目的

耳が聞こえているか調べる検査です。
ある一定の音を聞いていただき、脳幹という部分が反応している様子を反応波形として記録します。聴力検査と違って、自らボタンを押さなくてもいいので、客観的な聴力を調べることが出来ます。また、脳死の判定に使われることもあります。

検査方法

  1. ベッドに横になり、左右の耳たぶと頭頂部、額の計4カ所に電極を付けます。
  2. ヘッドフォンから聞こえてくる音に対する、脳幹の反応波形を記録します。
  3. 痛みや危険はありませんが、得られる波形はとても微弱なので、1000回程度繰り返し記録します。

検査時間

 120分

検査上の注意事項

  1. 検査中は体を動かさず、安静にお願いします。
  2. 乳幼児では睡眠薬で眠らせてから検査する事もあります。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る