脳波検査

脳波とは

脳が活動すると、脳の中には微弱な電気が流れます。脳波とはその電気の波を頭皮上に装着した電極より記録し、大脳の活動状態を調べる検査です。CT・MRIなどで得られない脳の機能を捉えることができます。てんかん・意識障害・痙攣発作などの場合に検査します。

検査方法

脳が活動すると、脳の中には微弱な電気が流れます。脳波とはその電気の波を頭皮上に装着した電極より記録し、大脳の活動状態を調べる検査です。CT・MRIなどで得られない脳の機能を捉えることができます。てんかん・意識障害・痙攣発作などの場合に検査します。

賦活脳波の種類
  • 閉眼試験 ・・・技師の合図で眼を開けたり閉じたりします。
  • 閃光刺激 ・・・眼前のランプが点滅します。
  • 過呼吸試験・・・閉眼状態で3分間息を吸ったり吐いたりします。
  • 睡眠   ・・・睡眠状態を記録します。自然睡眠が一番望ましいですが、乳幼児や自然睡眠が困難な方は睡眠剤を使用して記録します。

検査時間

検査内容の指示によりますが、1時間~2時間程です。

注意点

  1. 検査時間が1時間以上かかるため、お手洗いは事前に済ませておいて下さい。
  2. 検査前日がよく洗髪し、整髪料はつけないようにして下さい。
  3. 髪ゴムやヘアピン、ピアスなどははずしての検査となります。
  4. 睡眠時の脳波を記録するため、検査当日は寝不足気味でお越し下さい。

 

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る