サーモグラフィー検査

検査目的

皮膚表面の温度分布を知るための検査です。皮膚の温度が低い場合、血流の低下が考えられます。閉塞性動脈硬化症のような動脈が細くなる疾患では、血流が滞るため、病変部以下の温度が低くなります。

検査方法

サーモグラフィー装置はカメラのような形をしており、目的とする部位(主に手や足など)の肌を撮影します。写真を撮るのと同じなので、痛みや危険はありません。

検査時間

30分

検査上の注意事項

皮膚の温度は服を着ている時、本来の皮膚温より高くなっているため、衣服をまくり、10分程度安静にした後に撮影を行います。指輪や腕時計等は外し、マニキュアや付け爪等も出来れば外して頂きます。

 

サーモグラフィー装置
 

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る