平成26年度看護部目標

平成26年度看護部目標

住民が集まる病院を目指す

  1. 電子カルテへのスム-ズな移行
  2. ワークライフバランスの推進(3年計画)

看護部目標/各評価視点

財務の視点

  • 健全な病院経営に参画する
戦略目標
(重要成功要因)
  • 健全な病院経営に参画する
KPI
(重要業績評価指標)
(1) 7対1算定要件クリア
(2) 看護必要度の基準を満たす患者15%以上
(3) 全体病床利用率
目標値
(1) 100%
(2) 100%
(3) 78%
実施項目
(1) 7対1入院基本料、50対1看護補助加算の獲得
(2) 看護必要度判定の精度向上のための取り組み
(3) 空床利用の促進、不可ベッドを減らす
KPIオーナー (担当者)
(1) 看護部 一般病棟師長
(2) 看護部 一般病棟師長
(3) 看護部 各師長

顧客満足の視点

  • サービスが充実し、患者満足度が高まる
  • 職務満足度が高まる
戦略目標
(重要成功要因)
  • 看護サ-ビスが充実し、患者・職員の満足度が高まる
  • 職務満足度が高まる
KPI
(重要業績評価指標)
(1) 入院待ち時間の短縮
(2) 職務満足度調査
目標値
(1) 中間評価後目標値を設定
(2) 65%(職務満足総合評価)
実施項目
(1) スムーズな入院の受け入れ、ベッドコントロール
(2) 前年度実施した職務満足度調査の結果還元と改善、今年度の職務満足度調査の実施
KPIオーナー (担当者)
(1) 看護部 各師長
(2) 看護部

内部プロセスの視点

  • 働きやすい職場環境の土台作り(2年目)
  • 患者が求める看護サービスの実践
戦略目標
(重要成功要因)
  • 働きやすい職場環境の土台作り
  • 患者が求める看護サービスの実践
KPI
(重要業績評価指標)
(1) 労働時間の適正な管理
(2) 新看護提供方式の定着
(3) 多様な勤務形態を導入する
(4) 看護サービス充実に向けた電子カルテ導入による仕事の効率化・標準化
目標値
(1) 全部署報告
(2) 全部署報告
(3) 最低2部署以上
(4) 100%
実施項目
(1) 全部署の師長によるタイムマネージメントの実施、業務整理の実施
(2) 新看護提供方式導入後の問題点抽出、全部署からの概要報告
(3) タイムスケジュールに沿って実施、モデル病棟による試行
(4) 各部署の環境整備(電子カルテを設置する空間の確保・デザイン化)、業務内容の見直し・環境、業務の5S運動、情報の共有
KPIオーナー (担当者)
(1) 看護部、WLBプロジェクト
(2) WLBプロジェクトワーキンググループ
(3) WLBプロジェクト
(4) IT委員会、各師長

学習と成長の視点

  • ワ-クライフバランスにおける具体的方法の理解
  • 看護サービスの実践を行える共育
戦略目標
(重要成功要因)
  • ワ-クライフバランスにおける具体的方法の理解
  • 看護サービスの実践を行える共育
KPI
(重要業績評価指標)
(1) ワ-クライフバランスの具体的方法が理解できる
(2) 電子カルテ導入に向けての教育
(3) 5S教育
目標値
(1) 理解度80%以上
(2) 理解度80%以上
(3) 各単位8割以上成長の自覚
実施項目
(1) ワーキングチームの年間スケジュールに沿って説明会の実施、アンケートの実施
(2) リンクナース教育と各部署への浸透、情報リテラシー教育:2回/年、基本操作訓練、アンケートの実施
(3) 各部署で教育の実施、12月に自己評価
KPIオーナー (担当者)
(1) WLBプロジェクト
(2) IT委員会
(3) 看護部、各師長

過去の看護部目標(BSC)

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る