卒後研修センターの軌跡(過去分)

卒後研修センターが企画・協力・参加した講習会や催し物紹介(平成26年度)

ここは卒後研修センターが企画・協力・参加した講習会や催し物について、できるだけリアルタイムで紹介してまいります。

2015.3.26 病院見学

・秋田大学5年生
精神科への興味の高さを感じました。精神科臨床を幅広くみて、吸収しようという態度が印象的でした。希望のあったカンファレンス、回診など、多くのことをみていただけたと思います。(精神科 阿部)

・秋田大学5年生
はきはき話していていろいろな質問をする姿が印象的な学生さんでした。産婦人科や外科で迷っているようでしたが、ぜひ市立病院で研修してもらえたらうれしいです。(研修医 中村)

2015.3.25 病院見学

・秋田大学5年生
小児科に興味のある学生さんで、午前中は小児科外来をメインに見学してもらいました。研修医の普段の仕事に興味があり、午後は救急外来の見学を行いました。県外出身ですが、秋田に残ることも検討しているみたいです。(研修医 高橋)

2015.3.17 病院見学

・九州大学5年生
雪を期待して折角来られたのに、雪がなく残念でした。国家試験目指して頑張ってください。(救急科 円山)

2015.3.13 病院見学

・秋田大学5年生
精神科への興味の高さを感じました。集中して積極的に参加されていたと思います。短時間ではありましたが、精神科の実際の臨床に触れることができたのではないかと思います。(精神科 阿部)

2015.3.12 病院見学

・秋田大学5年生
今回の学生さんは当院に来るのが初めてだということで、午前中は院内の見学をしつつ、午後は入院の指示出しを一緒に行いました。小児科志望であり、他の病院で当院を勧められており当院での研修を希望されているようです。(小児科 小泉)

2015.3.10 病院見学

・秋田大学5年生
半日だけの見学でしたが病棟、外来、手術と盛りだくさんだったのではないかと思います。一生懸命メモをとる姿勢と笑顔で挨拶する姿が印象的でした。小児科や産科などで迷っているようですが、まずは市立病院で初期研修をしてもらえればうれしいです。(研修医 中村)

・秋田大学5年生
朝から夕方5時までびっしりと回診、手術などを見学してもらいました。手術では手を洗って実際に立ち会ってもらい楽しかったようです。非常に真面目な学生で好印象でした。(泌尿器科 石田)

2015.3.9 病院見学

・秋田大学5年生
今回の病院見学では午前中の病棟の案内を行ったのちに外来を見学してもらい、午後からはNICUの見学を行った後に総回診のプレゼンも行ってもらいました。とても真面目な学生さんで、沢山質問もしてくれて積極性のある人でした。(小児科 小泉)

2014.12.22 病院見学

・秋田大学5年生
お父様が当院に勤務されていること、私が医学部の部活動を通じて前から存じ上げていることから、こちらのほうからお招きする形で今回の実習が実現しました。お人柄は多くの方の保証つきの学生さんです。
当院が得意とする腹腔鏡下胃切除と鼠径ヘルニア手術を見学してもらいました。実習後はちょうど手術室の忘年会があったのでそれに合流し、当院の活気のある研修医からもたくさんお話を聞けたことでしょう。外科系志望と言われていました。将来はゆっくり考えることにして、まずは当院での初期研修をぜひ考えていただきたく思います。待っています。(外科 佐藤)

・秋田大学5年生
来て早速腹腔鏡下胆摘のカメラ保持をしてもらいましたが、この道数年のベテランのごとき手さばきで、驚きました。センスの良さはもちろんですが、手術に興味があるからできるのだと思います。言うまでもないことですが、手術は手先でやるものでなく、ハートやマインドでやるものです。Tさんにはその資質が十分です。他県出身で地元へ帰ることも考えているとのこと。どこででもしっかりと研修できるものと思いますが、秋田県に残られるのであればぜひ当院を選んでいただきたいと思います。(外科 佐藤)

2014.8.8 病院見学

・秋田大学5年生2名
 朝早くから夕方まで、頑張ってくれました。 N君、午前中は麻酔科外来、昼は手術室での麻酔、午後は病棟の往診、その間には救急室からICUへと、盛りだくさんな1日だったと思います。K君、1日がっちり手術室での見学でした。初期研修医の先生と一緒で、一般病院での麻酔がどんな感じか分かっていただけたかと思います。
 当院では、初期研修から専門医取得後まで、いろいろな形で働くことができます。いつでも連絡してください。(麻酔科 佐藤)

2014.8.4~5 病院見学

・秋田大学5年生
 初めての病院見学ということで、緊張した面持ちでしたが、研修生活や病院見学で見るべきところなどを積極的に質問していました。内視鏡検査でも大学の実習で見る症例とは異なる症例があったと新鮮な発見があったようです。カンファレンス等にも参加し大変まじめに取り組んでいました。6年生でも見学にぜひ来てください。(研修医 宮部)

2014.7.29 病院見学

・秋田大学5年生
 午後からのみ、半日の見学だったので、ちょっと時間的制約がありました。
それでも、急性虫垂炎疑いの患者の外来診察、その後ソケイヘルニアの手術(スクラブ)、外来に戻って虫垂炎疑い患者の画像診断と治療、病棟でのfree airのある患者の診察、手術のビデオを見ながらの休憩、そのあと夕回診と胸腔穿刺の見学と、かなり盛りだくさんでした。
「将来は何も決めていません。」とのことでしたが、実は外科系に興味があるのではないでしょうか。自分でそれに気づいていないこともあります。ぜひ、再度まる1日の見学にいらしてください。お待ちしています。(外科 佐藤)

・秋田大学6年生
 午前中は上部消化管内視鏡検査、午後は下部消化管内視鏡検査とERBD、EUS-FNA等の見学を行いました。熱心に手技を見学し、終了後には指導医や研修医へ積極的に質問するなど真面目な印象でした。また看護師やスタッフとのコミュニケーションも上手で将来すばらしい医師になると確信しました。(消化器内科 中根)

2014.7.7~7.17 秋田大学3年次学生による早期臨床研修

 今年もそれぞれ2日間のスケジュールで、計12名の学生が実習されました。当院では学生の希望した1科を実習して頂きました。
 まだ臨床講義も受ける前ですが、そういう何もわからない時期だからこそ臨床現場の空気に触れることの意義は大きいと思います。学生の目に医療現場がどのように映ったかは非常に興味深いところですが、「こうなりたい」と思える医療従事者の姿に出会えたなら幸いです。逆に、様々な意味で厳しい現状を知って愕然としたり、またある種の嫌悪感を抱いたとしても、それはそれで貴重な経験だったと思います。これからの学習に対するモチベーションの向上に少しでも貢献できたらうれしいです。
 実習に御協力頂いた指導医および研修医の先生方、本当にありがとうございました。(中川)

2014.7.14 第13回大森地区学術講演会

 本年度2回目の大森地区学術講演会に、また総勢11名の大集団で参加しました。今月は当院2年次研修医の伊藤翔平先生と昨年度当院で研修した秋田大学研修医の高満衣先生が大森病院で研修しており、それぞれが症例呈示をしてくれました。いずれも有意義な研修を物語る貴重な症例でした。引き続き私の講演もありましたが、今回も本当に多数のスタッフの方々に御聴講頂き、深く感謝しております。
 講演会後はさくら荘のバーベキュー広場で懇親会を開催して頂きました。ちょうど同日に実習に来ていた秋田大学医学部3年生の学生3名も加わり、研修医たちのテンションはmaxでした。私自身もこの懇親会を大きな楽しみにしているのであまり偉そうな事は言えませんが、思わず「遊びに来たんじゃねえぞ!」と言いたくなるくらいのノリでした。特にスイカ2個を持参した研修医Oさんの根性は見上げたもので、是非とも今後の研修にもその根性をいかんなく発揮してもらいたいです。
 小野院長をはじめ大森病院の皆様、本当にありがとうございました。「2月にも来たら?」とお誘い頂き、すっかりお邪魔する気でおります。またよろしくお願いします。(中川)


2014.7.12 平成26年度秋田大学医学部6年次卒業臨床実技試験/アドバンスOSCE

 昨年に引き続き、外部評価者としてアドバンスOSCEに参加しました。16x2ものブースで、整然とタイムスケジュール通りに進行しており、他大学からの参加者からも非常に高い評価を受けておりました。
 緊張した面持ちでそれぞれのブースでの試験を受ける学生さんの姿を拝見すると、「今の学生は大変だなぁ」とつくづく感じました。しかし来年には医師となる人材だと考えると、これぐらいのハードルは楽勝でクリアしてもらいたいとも思いました。
 卒業試験、国家試験を無事乗り切って、皆さんがそれぞれの進路で活躍されることを期待しております。(中川)

2014.6.29 腹部エコー“レベル0”講習会

 先日の心エコー講習会に引き続き、秋田厚生医療センターとの合同で腹部エコーのハンズオン講習会を開催しました。今回は18名の研修医が参加し、4台の機器を駆使して行いました。“レベル0”というタイトル通り、プローブの持ち方や操作の仕方など本当に基本的な事から御指導頂きました。
 講師は秋田赤十字病院の石田秀明先生と渡部多佳子先生、秋田厚生医療センターの大山葉子先生のいつもの顔ぶれに加えて、今回初めて市立横手病院の長沼裕子先生にも御協力頂きました。石田先生を始め講師の先生方は名実ともに日本のトップを走る方々ですが、その凄さを研修医の皆さんにうまく伝えられなくてもどかしいです。
 私は医師が医療行為を行うにあたっては、ヒューマニズム、サイエンス、アートが必要不可欠なものだと考えていますが、彼らのエコーはまさにアートです。誰でもプローブを当てれば画像は得られますが、検者によってその画像の質や得られる情報量の次元が違うのが、超音波の難しさであり怖さです。皆さんがまだ彼らのようにできなくても当然です。だからといって超音波は難しいとか苦手だとかあきらめる必要はありません。むしろ何事でも“スペシャリスト”とか“達人”と呼ばれるレベルを目指してもらいたいです。
 講師の先生方、秋田厚生医療センターの齋藤先生、御協力頂いたメーカーの方々、本当にありがとうございました。(中川)


2014.6.27 病院説明会

 8月のマッチング選考会を控え、恒例の病院説明会を市内某所で開催しました。今年は県内の他の研修病院も同様の説明会を開催されているようで、県から届いた資料には毎週のように各病院の予定が記載されておりました。そのような中で当院の説明会に学生は集まるのかという不安もありましたが、今回は秋田大学の6年生15名が参加されました。当院からは小松院長、小泉先生(小児科)、福田先生(産婦人科)、佐藤先生(外科)、石田先生(泌尿器科)、片寄先生(乳腺外科)、研修医14名、私と研修センター事務担当の3名の計24名が参加し、総勢39名のにぎやかな会となりました。
 会は非常に盛り上がり、2年連続のフルマッチか?という期待も膨らんでおりますが、まだ現時点では当院を選択枝の一つと考えている方が多いようです。これからじっくりと検討を重ねていかれるのだと思いますが、今日の会で当院の初期臨床研修の魅力が皆さんに伝わったと信じています。マッチング選考会でお待ちしています。
※写真:学生さんよりうちの研修医の方が目立ってしまいましたね。一人だけブレてる私の姿が心霊写真のようで怖いです…。(中川)

2014.6.21 第202回日本内科学会東北地方会

 2年次研修医の高橋貴一先生に循環器内科研修中に経験した症例を発表して頂きました。 「緊張しい」を克服したいと言っていた先生ですが、今回は早口にもならず、座長からの質問にもきちんと答えていて、確実な成長が見えましたよ。 中通総合病院からは佐藤誠先生の御指導の下、初期および後期研修医3名が発表されていました。 佐藤先生の情熱には本当に感心します。循環器領域の学会活動においてはこの10数年間秋田のトップランナーとして走り続けている自負はありますが、研修医の学会発表では後れを取っている感が否めません。 見習わなきゃいけませんね。ただ本年度当科や外科、小児科などですでに1年次研修医の学会発表が決まっているなど、例年以上に活発に動き始めています。 我々は科学的根拠に基づいて医療を行わなければいけませんし、自らの医療を科学的に振り返り評価していかなければなりません。 学会活動から得られるものは非常に大きいです。後期研修に向けて、皆さんの探求心をかきたてるものが見つかればいいですね。(中川)

2014.6.15 救急外来で役に立つ心血管エコー ~超初心者のためのハンズオン講習会~

 今年も秋田厚生医療センター(正直まだ言い慣れないです)との合同で、心エコーのハンズオン講習会を開催しました。講師には私の心エコーの師匠であるきびら内科鬼平聡先生をお迎えし、秋田大学循環器内科の梅田有理先生、当院の超音波技師の小林希予志君、松田尚君、渡辺栄里さんにも御協力頂いて行いました。今年度は両病院の1年次研修医だけで県内の研修医のほぼ1/3となる大所帯であり、たすきがけの2年次も加えて過去最高の22名の参加となりました。そのためかなり無理を言って4台もの機器を準備して頂きましたが、それでも時間に追われた感があって、それだけは少し残念でした。ハンズオン講習会の宿命ではありますけどね。皆さんの実習態度は非常に良かったですよ。鬼平先生をはじめ講師の方々から、今年の研修医は熱心だしセンスの良いとのお褒めの言葉を頂きました。またまた私は鼻が高いです。もちろん秋田厚生医療センターの皆さんもですよ。うちの研修医に様々な刺激を与えてくれて、新たな課題や問題意識を持つきっかけになってくれます。これからも仲良くしのぎを削っていきましょうね。休日の午後にもかかわらず、多大な御協力頂いた皆様に心より感謝申し上げます。(中川)


2014.5.21 大森地区学術講演会

 第12回を迎えた大森地区学術講演会に参加しました。私と研修医の総勢12名でお邪魔しました。会では4月にお世話になった高橋貴一先生と今月お世話になっている伊藤史子先生が症例呈示をしました。当院ではなかなかできない経験を、諸先生方やスタッフの皆様の温かい御指導の下で積ませて頂いていると改めて強く感じました。また今回は循環器疾患のトリアージについて、私がプチ講演をやらせて頂きました。いつもながら大勢のスタッフの方にお集り頂き、大変感謝しております。私の話がスタッフの皆さんのお役に立てているかどうかは非常に不安ですが、少しでも御参考になれば幸いです。終了後には懇親会も開いて頂き、大森ワインと横手やきそばのおもてなしに一同大喜びでした。7月にまたお邪魔しますので、よろしくお願いします。(中川)

2014.5.15 レジデントフォーラム in AKITA

 レジデントフォーラムに参加しました。今回は恒例のジョイントケースカンファレンスでしたが、当院からは2年次研修医の高橋貴一先生が、救急科の長谷川先生の御指導の下、症例を呈示しました。発表するために症例の経過を振り返って整理して、プレゼンテーションの準備をすること自体非常に勉強になりますが、他の施設の先生方から質問やコメントを頂くと、さらに有意義なものになりますね。「緊張してる」という指摘もありましたが、この経験を今後の研修に活かしてもらいたいです。うちの研修医からの質問は出なかったですね。遠慮せず、もっと積極的に参加して下さい。(中川)

2014.5.9 学生見学

・当院の「研修医の1日」を見たかったようですが、当日は研修医がICLSで不在のため、「中年医師の1日」をshadowingしていただきました。人間として誠実で話していて気持ちが洗われるようなさわやかな方でした。当院に研修に来てくれることを楽しみにしています。(血液・腎臓内科 市川)

・見学当日はオペ件数が多く、女子トークに花を咲かせる暇もなくフルに見学・実習してもらいました。質問にも一生懸命考えて答えてくれ、教えるのが楽しかったですヨ。是非3人一緒に当院で研修してほしいです。(麻酔科 越村)

2014.5.8 学生見学

・秋田県外出身であるにもかかわらず、当院の研修制度をみて見学に来てくれただけあって、とても熱心に参加してくれました。新患の診察、病棟内のカンファレンスを含め当科の診療全体と見てもらえたと思います。県外からの見学も大歓迎です。(精神科 阿部)

・手術に実際参加することで、治療の必要性、そのための準備、医師としての心構えなどを学んでいただいたようでした。外科医として是非研修していただきたいです。(乳腺・内分泌外科 片寄)

2014.5.7 学生見学

・東京大学の6年生1名、秋田大学6年生が1名、5年生が2名循環器内科を見学されました。一挙に4名の学生さんが見学ということもあまりないので戸惑いもありましたが、研修医も加えて6名も若い人がいると活気が出ますね。本音を言えば学生さんには循環器科医の颯爽たる姿を見てもらいたいですが、様々な意味で我々が置かれている厳しい状況を実感された方が強かったかもしれません。まあそれも「ありのまま」の現実なので、見学の本来の目的に適っていたという見方もできますね。当院での研修の魅力がわかってもらえたらうれしいです。(中川)

・菊地功先生の肝部分切除に入ってもらいました。とても熱心に手術に見入っていたようでした。Pringle(ポテチではありません!肝血行遮断です。)をかけている間、いかに肝臓から血が出にくいか、ということを実感してもらえたのではないかと思います。外科だけでなく、外傷学にも興味があるとのこと。腹部外傷では出血のコントロールがもっとも大事で、肝臓や膵臓の手術を勉強できる環境がよいかと思います。当院も将来の選択肢に入れて、臨床実習に励んでください。またの見学を待っています。(外科 佐藤)

・素直で好感の持てる学生でした。これからの秋田の医療を担える立派な医師になることでしょう(産婦人科 高橋)

2014.4.24 中心静脈穿刺の講習会

 当院では中心静脈穿刺の際にはエコーガイドを原則としています。さらに循環器内科では超音波技師に協力して頂き、“ソノグラファーガイド”の中心静脈穿刺を行っております。これが我々の考える最も安全で確実な方法ですので、研修医にはまず本法を習得してもらっています。研修する科によって経験できる症例数にどうしても差が出てしまいますので、時期をみて各自の経験症例数を確認して、機会の少なかった研修医にはうまく調整していきたいと思っています。文句も言わずにサポートしてくれる超音波技師には本当に頭が下がりますが、これが文字通りの多職種連携です。メディカルスタッフと良好な関係を築ける医療人に皆さんもなって下さいね。(中川)

2014.4.22 動脈血ガス分析の講習会

 動脈血ガス分析と採血の方法に関する実習を行いました。救急医療の現場ではきわめて重要かつ不可欠な手技です。しかも迅速で正確な手技が求められます。講習会では動脈血ガス分析が必要な患者や病態、結果の解釈、手技の解説をしました。手順や注意事項をしっかりと頭に入れて、慎重に経験を積んで下さい。個人的な意見を言えば、動脈血採血が苦手な研修医が意外に多いとずっと感じていました。決して簡単ではありませんが、どういう状況でも適切な部位から採血できる、確実な技術を習得して下さい。今回改めて動脈採血用のシミュレーターが必要だと感じました。早急に準備します!(中川)

2014.4.19 平成26年度秋田県医師会新医師歓迎レセプションに参加しました。

 秋田県医師会主催の新医師歓迎レセプションに参加しました。昨年から開催して頂いておりますが、研修を始めたばかりの県内の研修医が一堂に会し、また県内の医師会の先生方や各病院の院長先生方、研修担当の先生方とも顔合わせできる貴重な機会です。今回は佐竹知事もいらっしゃいました。たくさんの歓迎や激励のお言葉を頂き、地域からの大きな期待を肌で感じたことと思います。写真は佐竹敬久知事、小山田雍秋田県医師会長、伊藤宏秋田大学大学院医学系研究科長との記念撮影です。研修医のテンションも高かったですね。(中川)

2014.4.17 採血・注射の実技(確認実習)

 師長さんたちと救急部の長谷川先生に御協力頂いて、採血・注射に関する実技と基礎知識の確認実習を行いました。実技についてはほぼ満足できる到達度と思われましたが、基礎知識については若干課題を残した印象でした。それでも全員が積極的に実習に参加している姿勢には好感が持てました。「たかが採血」などと思う研修医は、往々にしてその「たかが」すら満足にできない研修医しかなれません。基本的なこともひとつひとつ着実に身につけて、医師としても基礎を築いてもらいたいです。(中川)

2014.4.11 新人研修会

 採血・注射の実技を終えた後、今年採用された各部署の新人さんたちとともにバスでユフォーレに移動し、宿泊研修に参加しました。50名を超える大集団で、院長、看護部長、事務局長も参加されて大いに盛り上がりました。会の中でちょっとしたワークショップとして、当院にこういうものがあったらいいなというテーマでグループ毎にディスカッションをし、プレゼンテーションをしてもらいました。若い人ならではの豊かな発想とパフォーマンスのqualityの高さに感心しました。近い将来、現実の話として皆さんと新病院構想について議論したいと強く思いました。師長さんたちの企画バッチリでしたね。本当に楽しかったです。今年初めての試みでしたが、参加された皆さんにも喜んで頂けたと思いますし、多職種連携の基礎作りには絶好の機会になったと思います。たくさんの仲間ができて良かったですね。(中川)

2014.4.11 採血・注射の実技

 看護部との合同で、腕モデルを用いた採血・注射の実技を行いました。これからチームとして仕事をしていく看護師から指導を受け、また一緒に研修することで、実技の習得のみならず多くの収穫があったと思います。様々な職種の方々が、研修医の教育のために多大な労力と時間を費やしている、そのことへの感謝の気持ちを決して忘れないで下さい。あなたたちへの期待の大きさもね。(中川)

2014.4.4~8 各部署での実習

 オリエンテーションの一環として、検査科、放射線科、薬剤部での実習を行いました。それぞれの部署でオーダリングの仕方や院内のルールを教えて頂くとともに、スタッフのお手伝いをしながら実際の業務の流れを知ってもらうことが目的です。我々の出した指示を遂行するためにスタッフがどのように動いているのか、その労力や苦労を理解することで、他の職種を尊重できる研修医になってほしいです。スタッフに顔を知ってもらう機会にもなりますしね。各部署で皆さんの評判が大変良かったので、私も鼻が高いです。(中川)

2014.4.1 新たな仲間が加わりました!

 平成26年度は当院としては過去最高の10名の研修医が新たに加わりました。若き無限の可能性たちは、研修センターのみならず病院中に新たな風を吹き込み、その空気を一変させるくらいのパワーを持っています。彼らをしっかりと育てていかなければならないという強い責任を感じますが、それ以上にこれから一緒に仕事ができる期待の方が大きいです。お互い頑張りましょうね。まだまだ寒いですが、研修センターには春が来ました。(中川)

 

 

卒後研修センターが企画・協力・参加した講習会や催し物紹介(平成25年度)

2014.3.27 研修終了式

2年目研修医4名が無事2年間の初期臨床研修を終了し、本日研修終了証が院長より授与されました(県外で後期研修を行う1名は欠席)。これからそれぞれの進路で精進されることと思いますが、豊かな医療従事者となられることを期待しております。2年間御苦労様でした。(中川)

2014.3.26、27 学生見学

秋田大学5年生の方3名が循環器内科と乳腺・内分泌外科を見学されました。「乳癌と乳腺腫瘍摘出術の2件の手術を見学してもらいました。昼はちょっぴり楽しいランチで病院、初期研修、当科の乳腺診療実績について話し合いしました。お二人とも真面目な学生さん。是非当院での研修を」(片寄)

2014.3.19、20 学生見学

秋田大学5年生の方が外科と泌尿器科を見学されました。「レジデントの胃全摘術に入ってもらいました。”静かな中にも熱い魂を感じる人柄です。将来は県内で研修で外科や泌尿器科を考えているとのこと。これはもう当院よりないでしょう! 当院は若手がこの春抜けるので、今が入りどきです。ぜひお待ちしています。」(佐藤勤)

2014.3.10、11 学生見学

秋田大学5年生の方が消化器内科と循環器内科を見学されました。「病院の雰囲気がつかめ研修医の先生からいろいろ話を聞けました。先生方が和気あいあいと仕事されている印象を受けました」とのコメントをいただきました。(伊藤千)

2014.3.6、7 学生見学

この2日間は、秋田大学と北里大学の5年生計7名が麻酔科、循環器内科、産婦人科、糖尿病・代謝内科、乳腺・内分泌外科、小児科、消化器内科と多くの診療科を見学されました。

「にこやかな表情がとても印象的でした。早速術前回診を見学、その後手術麻酔へレッツゴー。用手換気、喉頭展開にトライしましたが上手でしたよ~。 腹腔鏡麻酔の突っ込んだ質問にもバッチリ答えてました。この調子で卒試、国試も乗り切ってください!」(越村)

「秋田大学医学部の5年生2名が循環器内科を見学されました。非常に熱心に見学されていたのが印象的でした。 お二人とも秋田市出身で、県内での研修を決められているようですので、是非当院での研修を考えて頂きたいです。(中川)

学生さんからは「日常診療の様子や他科との連携の様子など実際に感じることが出来ました」、「産科と婦人科が分かれておらず女性の疾患を幅広く診られることが魅力でした」などコメントをいただきました。(伊藤千)

2014.3.3 学生見学

秋田大学5年生の方2名が小児科と消化器内科を見学されました。
学生さんからは「小児科は雰囲気がとても良く、小児科に対する熱意も感じられ、ぜひ市立秋田で小児科研修したいと思いました。」、「先生方がとても気さくで楽しい病院であると感じました。各科も協力し合って大変、魅力的な病院だと思います。」とのコメントをそれぞれいただきました。(伊藤千)

2014.2.21 市立秋田総合病院がん医療説明会開催さる

当院の講堂において市立秋田総合病院がん医療説明会が開催されました。 これは秋田のがん医療をより活発なものとするために秋田大学地域がん包括医療学講座と市中病院とが共同し、当該病院ががん医療で重点的に取り組んでいるところを研修医、医学生にアピールする場です。 これまで秋田赤十字病院、北秋田市民病院で行われ、当院では初めて行われました。しかし準備期間が短かったため、今回は外科系のうち、外科、泌尿器科、産婦人科、乳腺内分泌外科の4科のみ発表してもらいました。

医学部生が何名集まるのかわからない状態でしたが、秋田大学本山悟教授、柴田浩行教授のご支援のおかげで、5年生を中心に25 名と非常に多くの学生が参加してくれました。各科からのプレゼンテーションと質疑が和気藹々とした雰囲気の中行われました。大町の居酒屋に場所を移して懇談会も行われ、がん治療のみならず、当院での研修を広くアピールできる場であったと思います。次回は当院からより多くの皆さんの参加をお待ちしています。(佐藤勤)

2014.2.18、19 学生見学

島根大学5年生の方が消化器内科と神経内科を見学されました。
学生さんからは「内視鏡検査や外来の見学が十分に出来満足しています。検査等も十分に説明していただきとてもわかりやすかったです。」とのコメントをいただきました。(伊藤千)

2014.2.10 秋田大学での合同説明会に参加しました。

今回も非常に多くの学生が当院のブースに立ち寄って説明を聞いてくれました。 毎年のことですが、今の時期はまだ5年生の動向を我々は全く把握できておらず、この説明会で何らかの手応えを得たいというのが本音です。 しかし今回の説明会後の懇親会に関しては、特に市外の病院に大きく立ち遅れてしまった感が大でした。 それでも春休みに当院の見学を希望すると言ってくれた学生が多数いらっしゃいましたので、見学の際には当院の研修環境の良さを思いっきりアピールしたいと思います。
  多くの学生の見学をお待ちしております。(中川)

2014.1.26 腹部エコー“レベル1”講習会を開催しました。

本年度2回目となる腹部エコー研修会を秋田組合総合病院で開催しました。 前回の“レベル0”よりも参加者が少なかったですが、その分じっくりと手技を学ぶことができたのではないかと感じました。内容もより実践的で、多少なりとも腹部エコーの経験がある研修医のレベルアップには最適な講習会でした。毎回御指導頂いている秋田赤十字病院の石田秀明先生、渡部多佳子先生、秋田組合総合病院の大山葉子先生、本当にありがとうございました。(中川)

2013.12.17 学生見学

群馬大学5年生の方が小児科と消化器内科を見学されました。

素直で落ち着いた学生さんです。小児科にも興味を持ってくれているみたいです。当院での研修をお待ちしています(平野修)

学生さんからは「職員同士がすれ違った時、挨拶を積極的にしていてとても好感が持てました。先輩医師との関係も非常に良いと感じました。」とのコメントをいただきました。(伊藤千)

2013.11.19 平成25年度チーム医療体験実習が終了しました。

秋田大学医学部医学科1年次学生によるチーム医療体験実習が、今年は10月1日~11月19日の毎週火曜日に行われました。

今年は長谷川教授から例年以上の強烈なプレッシャー(?)があり、10月15日には何と12名の学生を受け入れ、計47名が実習されました。研修医を文字通り総動員して実習に臨みました。

1日3時間という短い時間でしたが、医学部に入ったばかりの学生さんたちが実際に臨床の場の空気に触れて、今後の学習に新たなモチベーションで取り組んで頂ければ幸いです。

それにしても皆さん若いですねぇ。きっと親御さんたちよりも私の方が年上だと思うと非常に複雑な気持ちになります。(中川)

2013.10.26 第7回レジデント・スキルアップキャンプに参加しました。

今年もサンルーラル大潟で、県内の初期研修医(主に1年次)を対象としたレジデント・スキルアップキャンプが開催されました。

当院からは秋田大学からのたすきがけの1名を含む5名の研修医と、タスクフォースとして私と後期研修医の吉田達哉先生と小玉早穂子先生の計8名で乗り込みました。

私と小玉先生はファーストタッチ・サーキットトレーニングをそれぞれ1ブースずつ担当し、吉田先生はジョイントケースカンファレンスの指導を担当しました。また最後の総合討論も吉田先生と小玉先生が進行を担当するなど大活躍でした。 吉田先生に至ってはフリートークセッション(懇親会)でも初期研修医に混じって壇上に登場し、予想通りのスベリ具合で失笑を買い、すっかりしっかり私の顔に泥を塗るという顛末でした(冗談ですよ)。

どの病院の研修医も非常に熱心に積極的に参加していて、非常に好感が持てました。初期研修を半年終えて、新たな課題や目標が見えてきた頃だと思います。良き医療人を目指して、より一層努力されることを期待します。(中川)


2013.10.24 来年度のマッチング結果が発表されました。

本日来年度の初期臨床研修マッチングの結果が発表されました。当院は平成22年度以来のフルマッチでした!

定員を10名に増員してからは初めてのフルマッチで、一学年の研修医数としては過去最多となります。人数だけでなく、個々としても非常に将来が期待される人材をマッチングできたことは本当に研修担当者冥利に尽きます。心配はしておりませんが、卒業試験や国家試験でつまずかないようにくれぐれも油断せずしっかりと臨んで下さい。

 「もう一度フルマッチになったら、それを花道に研修センターを引退する。」、正直そんな思いも抱きながらやってまいりましたが、何となくここで辞めると言って許される状況ではなさそうですし、また私自身もこの10名をちゃんと育てなきゃいけないという強い使命感を感じておりますので、「中川、もういいよ。」と肩を叩かれるまで煙たがられ疎まれながらも精進していきたいと思います。(中川)

2013.9.27 平成26年度地域医療実習が終了しました。

本年も9月17日から27日にかけて、秋田大学医学部医学科の5年次学生による地域医療実習が行われました。今年は4名とこれまでで最も少ない学生数でしたが、実質8日間という短期間にビッシリと詰められた過密スケジュールにもへこたれることなく、積極的に実習に取り組んでいる姿が印象的でした。他の実習病院に比べると「お楽しみ」が少なくて申し訳なかったですが、初期臨床研修を体感してもらいたいという当院のスタンスをどうか御理解頂きたいと思います。実習に御協力頂いた友愛の郷の皆様、秋田市消防署の皆様、ICLS講習会のインストラクターの皆様、院内の先生方、研修医、メディカルスタッフの皆様に深く感謝申し上げます。

本日午後に来年度の臨床研修マッチングの中間発表がありました。当院を第一希望としてくれた学生が県内最多の16名もおり、大変驚いております。非常に喜ばしいことはこの上ないですが、反面16名の心中を察すると非常に複雑な思いです。これからも研修環境の整備と改善に真摯に取り組み、皆さんの御期待に応えなければと改めて感じました。(中川)

2013.8.26 平成26年度初期臨床研修医マッチング選考会が終了しました。

本日2名の学生が受験され、19日と合わせて計17名、当院としては過去最多の受験者でした。

当院で研修したいという皆さんの熱い思いが伝わってきて、非常にうれしく感じました。今年は小論文のテーマが例年と大きく異なり、多少戸惑った方もいらしたかもしれませんが、「家族の治療法の選択」という非常に難しい問題について考えて頂きました。17名17様の考え方や捉え方があって、非常に興味深く読ませて頂きました。面接とはまた少し違った側面から、それぞれの人柄を知る貴重な機会になりました。

皆さんこれからじっくりと考えて最終的な選択をされると思いますが、一人でも多くの仲間が当院で研修されることを願っております。(中川)

2013.8.22 学生見学

2名の新潟大5年生の方が見学にこられました。
現時点での希望科が各々、病理または放射線科、及び循環器科で、卒後研修に当たっての施設の選択や研修科の選び方など、アドバイスも希望されていました。各自、進路や生き方についてしっかりした考え方があり大変感心しました。加えて大変印象の良い好青年であり是非当院を研修先に選択して頂ければと期待しています。(提嶋)

2013.8.19 平成26年度臨床研修医マッチング選考会

いよいよ当院のマッチング選考会が始まりました。今回は15名の学生さんが60分間の小論文試験を受けた後、緊張した面持ちで面接試験に臨まれていました。

次回選考会は、8月26日(月)に開催します。(伊藤千)


2013.8.19 学生見学

福島県立医大5年生2名が小児科を見学されました。
「病棟や外来の見学だけでなく、骨髄刺の練習体験もさせていただき大変充実した実習となりました。」
「先生方や看護師の方々の雰囲気がとても和やかで良いと感じました。研修医の先生方もみな仲良く楽しく研修が行えそうだと思いました。」
以上の感想をいただきました。(伊藤千)

2013.8.12 学生見学

秋田大学医学部6年生の2名がそれぞれ外科と循環器内科を見学されました。
「若い先生方が指導医の先生方から丁寧に指導を受け、いきいきと研修しているのが印象的でした。初期研修医の先生方も和気あいあいと仕事をしていて私もこの中で研修したいと思いました。」
「研修医の先生方含め、上の先生もコメディカルの方も本当に親切で1日充実させていただきました。以前見学させていただいた時、この病院で研修したいと思い、今日また再確認することが出来ました。」
以上の感想をいただきました。

当院のマッチング選考会もいよいよ来週から始まります。今年は例年より多めの申込みがあり、学生さん達も緊張感を持って臨まれることと思いますが、あまり気負うことなく自然体で望まれたほうが良い結果につながることと思います。(伊藤千)

2013.8.2 専門医研修に向けたキャリアナビゲーションセミナー

秋田県臨床研修協議会と今年4月に開設されたあきた医師総合支援センターが共同で開催した本セミナーに当院も専門研修プログラムを携え説明ブースを出しました。

研修医の皆さんを始め各ブースで説明された先生方も立食形式の意見交換会を楽しんでいるようでした。(伊藤千)


2013.7.31 学生見学

秋田大学医学部6年生の方が7.29は外科、7.31は整形外科を見学されました。
「雰囲気だけでも味わえたらと思っていましたが、実際に診療のポイントや手技の指導をしていただき非常に充実した見学ができました。」という感想を寄せてくれました。(伊藤千)

とにかく笑顔の素敵な野球少年です。ご実家が被災されたとのこと。そのためか、出会いをとても大切になさっているとの言葉が印象的でした。「将来、外科系を考えている」と頼もしいことを言ってくれました。外科は1日だけの見学でしたが、当院レジデントの藤田先生の流れるようなメスさばきを見て、感銘を受けていたようです。藤田先生、よかったですね。(佐藤勤)

2013.7.26 学生見学

本日は4名の医学生が見学されました。
秋田大学医学部6年生の方は小児科を見学し、「お忙しい中、時間を割いてくださり、 親切に教えていただき非常に勉強になると同時に今後のモチベーションにもなりました。」という感想を寄せてくれました。

また、秋田大学医学部6年生の方は救急科を見学し「実際の現場は、国試の症例のようなわかりやすいものばかりではないということを痛感し、医療の難しさ、奥深さというものを改めて認識することが出来ました」という感想を寄せてくれました。

このほか秋田大学医学部5年生2名がそれぞれ消化器内科と血液・腎臓内科を見学されました。(伊藤千)

2013.7.24 学生見学

秋田大学医学部6年生の方が7.23は循環器内科、7.24は精神科と呼吸器内科を見学されました。
「様々な先生のお話を聞くことができ、とても充実した2日間でした。院内の雰囲気もとても良く、研修医を大切に育ててくれそうな場所だと思いました。」という感想を寄せてくれました。マッチングの選考会でお待ちしております。(中川)

当院呼吸器内科に見学に来られた先生は、小生が拝見したところ非常に物腰穏やかのうえに非常にアカデミックな印象でした。日常も大変学習されているようであり小生の問いかけにも返答に詰まるところはなく、患者さんの病歴・診察所見よりの診断能力にも長けていると感じました。このような優秀な人材が次世代の医師として出てくることは、小生のような中堅医師にとっては大変心強いところです。(伊藤伸)

2013.7.23 学生見学

秋田大学5年生の方が乳腺・内分泌外科を見学されました。
「大学の実習で見たときよりもたくさんの症例を見学させていただいて、とても勉強になりました。優しくて楽しい先生に囲まれ、とても充実した二日間になりました。ありがとうございました。」とのコメントをいただきました。(伊藤千)

2013.7.19 平成25年度秋田大学医学部3年次早期臨床実習が終わりました。

今年も例年通り秋田大学医学部3年次学生による病院実習がありました。7月8~9日、10~11日、16~17日、18~19日の各2日間、それぞれ3~4名の学生が循環器内科、呼吸器内科、精神科、小児科、産婦人科、 消化器内科、血液・腎臓内科、麻酔科、外科、整形外科で実習を行いました。

まだ臨床講義も受けていない時期ですので、わからないことばかりというのが正直なところでしょうが、各分野の実際の診療に触れて皆感銘を受けているようでした。低学年のうちから臨床の現場を経験させるという長谷川仁志教授のお考えには私も100%賛成です。数年後自分がその現場に立って診療を行うイメージが少しでも生まれてくれれば幸いですし、そのために今の自分に足りないものは何かと考えるきっかけになればとも思います。

実習に御協力頂いた皆様に、深く感謝申し上げます。(中川)

2013.7.17 第11回大森地区学術講演会

市立大森病院で開催された第11回大森地区学術講演会に、1年次研修医5名とともに参加しました。 会では今月同院で研修させて頂いている当院2年次研修医の菅原佳恵先生が、4例の膀胱尿管逆流症の症例を呈示しました。いずれも超高齢者で、腎盂腎炎から敗血症性ショックを呈した例もあり、約2週間という短い期間にたくさんの貴重な経験をさせて頂いていることがよくわかりました。

次いで私が「むくみ」についてのミニレクチャーを行いました。毎回講演をさせて頂いているのですが、いつも多職種の方々が多数出席され、私の拙い話を熱心に聴いて頂けるので非常に感謝しております。
会終了後はバーベキュー広場での懇親会を開いて頂き、楽しい時間を過ごしました。小野院長先生をはじめ市立大森病院の皆さん、本当にありがとうございました。(中川)

2013.7.17 学生見学

秋田大学6年生の方が産婦人科を見学されました。
「進路を考えるにあたり、病院の雰囲気が気になっていましたが、丁寧な指導や説明を聞かせていただき不安がなくなりました。気さくに対応していただき、本当に感謝しています。」とのコメントをいただきました。(伊藤千)

2013.7.16 外科、乳腺・内分泌外科合同学生勧誘会

今までに市立病院へ見学にきて頂いた学生さんを中心に、外科・乳腺外科に関心のある学生さんを加えて交歓会を開催しました。一度来た事がある方々を通して連絡したため、関心のある皆さんすべてをお招きすることはできなかったかと思いますが、外科・乳腺外科どちらも明るい雰囲気で働けていることは通じたのではないでしょうか。厳しくも温かい上司のもとで、若手が楽しそうに働いていることが何よりも一番のアピールポイントだと自負しています。 市立病院で一緒に研鑽を積みましょう。

見学希望、相談は随時受け付けます。(長谷川)

2013.7.13 秋田大学医学部OSCEに参加しました。

秋田大学医学部で6年次学生のadvanced OSCE(臨床実技試験)に参加しました。 長谷川教授から再三にわたる執拗な(?)お誘いがあり、私自身はこれまで話に聞くだけだったので、今後の研修医の指導の参考になればと行くことにしました。

行ってみると全国の大学から20名、県内の研修病院から10名もの見学者がいらしており驚きました。私も当初はただの見学だったはずなんですが、前日になって長谷川教授から連絡が来て、採点には反映しないところの学生の評価を担当してほしいとの要請がありました。いつもながらの彼らしいずうずうしさですが、慣れっこなので快諾してしまいました。

元々顔見知りの学生さんたちの応援という心づもりもあったので、朝一番に見かけた知ってる学生さんに「落ち着いてがんばれ!」と声をかけたら、たまたま横にいた長谷川教授に「不公平になるから止めて下さい。」とたしなめられました。それでもその後も休憩時間に会った学生さんたちにはつい声をかけてしまいました。もし御迷惑だった学生さんがいたら申し訳なかったです。

試験そのものは117名の学生を午前・午後に分けて、それぞれ16課題を行うという超大がかりなもので、46ブースの同時進行というのには本当に感銘を受けました。他大学の先生方も口々にその点については感心されていました。試験の内容も具体的な到達目標が示されていて、しかも広く各分野にわたっており、かなり実践的だと思いました。しかし反省会でもお話ししたのですが、こういった卒前教育が卒業した研修医に十分活かされているかいうと、正直それには多くの疑問が残ります。よりステップアップした教育が必要だと思いますし、これまで以上に我々も協力していかなければならないと感じました。

学生さんたちは非常に緊張していてかわいそうなくらいでした。でも医師になって実際に医療行為を行うとなったら、試験とは二桁違いくらいのプレッシャーの中ですからね。予行練習にはちょうど良い緊張感だったかもしれませんね。 ハイビジョンビデオカメラやデジカメを持参したのですが、撮影するという空気では全然なくて、非常に残念でしたが断念しました。(中川)

2013.7.9 学生見学

弘前大学の6年生の方が当院精神科と糖尿病・代謝内科を見学されました。3月に続いて2回目の見学でした。 「通り一遍の見学ではなく、親身になって対応してもらい勉強になった。」という感想とともに、当院での研修を強く希望するとのメッセージを残してくれました。たとえ社交辞令でもうれしいです。マッチングでまた会いましょうね。(伊藤千・中川)

2013.7.7 平成25年度東北ブロック臨床研修合同説明会(仙台市)

東北地区の合同説明会が仙台市で開催されました。 私が所用で参加できず、研修医の平野先生(2回目の参加です)、高橋先生、事務の伊藤さんの3名に参加して頂きました。(中川)

仙台で、病院合同説明会に行ってきました。5~6年生の学生に、市立病院の研修について説明しました。彼・彼女らのやる気や積極的な姿勢には影響されるところがあります。また自分もマッチングの時期を思い出し、初心を忘れず頑張ろうと思いました。今年も多くの6年生が当院のマッチングを受けてくれたらと願います。(平野)

2013.7.2 学生見学

岩手医科大学の6年生の方が当院小児科および精神科を見学されました。以下の感想を頂きました。(中川)
「研修医の先生方と話すことで、紙面上では得られない情報を得ることができました。当初想定していたよりもずっと気さくで、雰囲気のよい病院だと感じました。」

2013.6.26 病院説明会(市内某所)

平成26年度の初期研修研修医マッチングに向けて、秋田大学の6年生を対象とした説明会を開催しました。15名の学生さんが参加してくれました。当院からは小松院長をはじめ、佐藤外科診療部長、小泉先生(小児科)、高橋先生(産婦人科)、麻酔科後期研修医の小玉先生と初期研修医、さらに中川、阿部先生(精神科)、長谷川先生(外科)、伊藤さん・小川さん(事務)からなる卒後研修センタースタッフも参加しました。

参加した学生さんからは当院の初期臨床研修に関する様々な質問が寄せられ、当院で研修したいという熱意がひしひしと伝わりました。中には10名の定員では激戦になるのではないかと心配する学生さんもいて、非常に複雑な心境でした。

ここ2年の不振を一気に挽回しそうな強い手ごたえを感じました。皆さんマッチングの選考会で是非またお会いしましょう!(中川)

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る