歯科口腔外科

診療について

歯・口腔・顎顔面領域のあらゆる疾患に対応できるよう努力しています。
一般歯科治療および有病者歯科治療を中心におこない、他の歯科医院で治療が困難で あったり、治療経過が思わしくない方のご相談および診療もおこなっています。
重度の口腔外科疾患治療や歯科矯正治療は、秋田大学医学部口腔外科に紹介させていただいていますが、中等度の口腔外科疾患治療は当科でおこなっています。
  • 一般歯科治療 入れ歯やブリッジの製作・虫歯や歯槽膿漏の治療など
  • 重度の口腔外科疾患 口腔悪性腫瘍・多発性顔面骨折・唇顎口蓋裂・顎変形症など
  • 中等度の口腔外科疾患 良性腫瘍・顎嚢胞・炎症(蜂窩織炎・骨炎)・埋伏歯・顎
  • 関節症・インプラント・その他(口腔心身症・口腔乾燥症・口腔粘膜疾患・唾石)など

得意分野および実績

  1. 下顎埋伏智歯(親知らず)の抜歯
    下顎埋伏智歯は、抜歯後痛みや腫れがひどくなり、患者さんは大変苦労することが多くあります。当科では抜歯後の痛みや腫れを防止する目的で、抗生剤(化膿止め)と抗腫脹剤(腫れ止め)を点滴静注しながら抜歯をおこなっています。
  2. インプラント義歯(人工歯根)
    歯の抜けた場所に、人工の歯根を埋め込んで顎の骨に固定し、本来の歯のかわりをさせる治療法です。
  3. 顎関節症に対する治療
    顎関節症はアゴの関節が痛くなったり、音がなったり、口が開かなくなったりする病気で、噛み合わせの異常や歯ぎしり・食いしばりなどの習癖、心因的なストレスなどが複合的に関係して発症するといわれています。当科では、薬物やマウスピースによる保存的治療を主体に治療をおこなっています。
  4. 有病者の歯科治療
    何らかの病気を有する患者さんが、歯科を受診する機会が増え、歯科治療中に偶発症を発症する可能性が増大傾向にあります。当科では総合病院歯科として、医師と緊密に連絡を取り合い、歯科治療中の偶発症を予防しています。
    実績:例えば抗凝固療法が行われている患者さんは、抜歯に際して出血が予想されますが、内科主治医と相談し出血が無いように抜歯しています。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る