救急科・集中治療室

診療について

体制

救急科は、救急患者の初期治療を行う救急外来と入院治療が必要な重症患者の医療を確保するICU(集中治療室)からなっています。救急外来では24時間365日、一般的な風邪等の入院のない救急患者から入院の必要な患者まであらゆる救急患者の初期診療に対応しています。ただし、平日日中は原則救急車搬送患者の初期対応のみ救急外来で行っております。 ICUは急性心筋梗塞、院外心肺停止、心不全、アナフィラキシーショック、大量薬物中毒等の重篤患者に対して種々の医療機器を駆使してより高度の集中治療を行っています。

診療内容

  • 救命処置を必要とする致死的な状態に対する高度な治療 (院外心肺停止、窒息、ショック、心不全、呼吸不全、心筋梗塞、熱射病等)
  • 中毒(薬物中毒、農薬中毒)
  • 環境異常(熱中症、溺水、低体温症、脱水等)
  • 精神科救急
  • その他(肝不全、腎不全、糖尿病性昏睡、意識障害等)

特色

日本集中治療医学会の専門医研修施設、日本救急医学会の専門医研修施設に認定されています。救急・集中治療領域におけるあらゆる患者に対応するために、必要な医療機器はすべて揃え、 各診療科の協力の元、チーム医療として重篤な患者の診療に日夜励んでいます。

診療体制

病院勤務時間内は、救急車で搬送された救急患者を主に救急外来で専従医が初期診療を行い、適切な診療科でその後の治療を引き継ぎます。勤務時間内に直接病院に来られた患者さんは正面で受付され、希望の診療科で診察を受けてください。休日、夜間等の勤務時間外では、救急車で来られても直接来られても初期診療は救急外来で行います。軽症の患者さんから重篤な患者さんまで、救急外来に来られますので、場合によってはお待ちいただく場合もあります。診察は受付順ではなく、より重篤な患者さんから診察をするようにしていますので、早く来られたにもかかわらず、 後回しにされる場合もあります。その点はご了承頂きたいと思います。勤務時間外は当直医師が初期診療(必要な検査も含めて)を行い、専門的な治療が必要と判断した場合は、各診療科医師に連絡を取り、その後の治療を依頼します。

特殊治療

  • 人工呼吸管理
  • 緊急血液浄化法(持続ろ過透析、血液吸着、血漿交換等)
  • 低体温療法
  • 経皮的人工心肺

その他

病院での緊急時の対応の質を向上させるために、院内にAED(自動体外式除細動器)8台設置し、又職員へのAEDを含めた緊急時の対応教育も継続的に行っています。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る