整形外科

診療について

整形外科では、骨・関節・筋腱・靭帯・脊椎・脊髄・末梢神経など運動器に関わる疾患を扱っています。

その対象となる疾病は主に、スポーツ・労災・交通事故などの外傷、退行変性に伴う脊椎・関節疾患および関節リウマチなどの炎症性関節疾患です。また近年の超高齢社会を反映して 骨粗鬆症に伴う脊椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折も増加しています。

  • 一般外傷の治療

    手術を含めた早期の治療とリハビリテーションが原則で、特に高齢者の骨折は下肢深部静脈血栓症、肺塞栓症、認知症などの合併症の防止も考慮して可及的すみやかに 手術を行ってリハビリを開始するように努めています。

  • スポーツ外傷・障害の治療

    スポーツに伴う捻挫、骨折、靭帯損傷などの外傷および投球障害、成長期の下肢痛などのスポーツ障害に対し、早期復帰を目指し、リハビリテーションを主体にした保存的治療を、 さらに膝十字靭帯損傷、半月板損傷などの大きな外傷に対しては積極的な手術治療を行っています。

  • 膝関節痛の治療

    加齢に伴う半月板損傷、骨軟骨損傷、変形性膝関節症に対し、関節鏡手術、骨切り術、人工関節置換術などを患者さんの年齢やニーズに合わせて選択して行っています。

  • 脊椎疾患の治療

    椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊柱靭帯骨化症、脊椎炎などが対象となります。手術治療においては入院期間の短縮を図るため顕微鏡を用いた小侵襲手術にも取り組んでいます。

  • 関節リウマチの治療

    DMARDs、免疫抑制剤などの内服治療を基盤に、生物学的製剤も積極的に使用することで薬物療法による治療成績を向上させています。関節破壊が生じた関節に対しては、 関節機能を維持しQOLを高めるため積極的に外科的治療も行っています。

  • 足関節・足部疾患の治療

    外反母趾などの足趾変形、外傷性骨軟骨障害、変形性足関節症などに対し足部・足関節専門医が治療を行っています。

当科では2012年より手術時の麻酔や骨折治療時の痛みを管理する方法として、超音波ガイド下での四肢神経ブロックを積極的に行っており、患者さんの負担軽減に役立てています。 これにより日帰り手術が可能になった疾患もあります。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る