心臓血管外科

診療について

虚血性心疾患 狭心症の外科治療
弁膜症 弁形成術、弁置換術
その他の心疾患 肺塞栓症・心臓腫瘍の外科治療
大動脈疾患 腹部大動脈瘤・胸部大動脈瘤の外科治療
末梢動脈疾患 閉塞性動脈硬化症・バージャー病・急性動脈閉塞の治療
静脈の疾患 下肢静脈瘤、深部静脈血栓症の治療
不整脈疾患 ペースメーカ植え込み術

診療の特徴

・腹部大動脈瘤に対しては、これまでの開腹下での人工血管置換術のほか、身体への負担の少ないステントグラフト内挿術も行っております。どちらの治療方法が適しているかは動脈瘤の形態や全身状態などによって判断します。

・閉塞性動脈硬化症に対する治療には、薬物療法、運動療法、血管内治療(カテーテルによる)、外科治療(バイパス手術など)があります。いずれの治療でも喫煙者の場合は効果が望めないため、禁煙が必須になります。

・下肢静脈瘤に対する外科治療としては、従来の静脈抜去術よりも傷が少なくすむ下肢静脈瘤血管内焼灼術も行っております。

・当院で行っていない手術については、然るべき医療機関に責任をもって紹介いたします。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る