心臓血管外科

診療について

虚血性心疾患 狭心症の外科治療
弁膜症 弁形成術、弁置換術
その他の心疾患 肺塞栓症・心臓腫瘍の外科治療
大動脈疾患 腹部大動脈瘤・胸部大動脈瘤の外科治療
末梢動脈疾患 閉塞性動脈硬化症・バージャー病・急性動脈閉塞の治療
静脈の疾患 下肢静脈瘤、深部静脈血栓症の治療
不整脈疾患 ペースメーカ植え込み術

診療の特徴

  • 狭心症に対する手術では、人工心肺を使用しない拍動下冠動脈バイパス術の症例が増加してきています。
  • 閉塞性動脈硬化症は、「足が冷たい」、「歩くとふくらはぎが痛くなる」などが初期症状です。このような自覚症状のある方は心臓血管外科を受診してください。
  • 下肢静脈瘤に対しては、外来で治療が可能な硬化療法も行っています。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る