能力開発体系(クリニカルラダー)

ねらい

「患者中心の看護」の質の向上と「看護師個人の自己成長」のため看護師の能力開発を目指す。

 “患者中心の看護”とは、患者の苦しみに目を向け、苦しみを和らげ、軽くし、取り除く援助ができる事を示し、看護師は患者中心の看護の実践を通し、自己成長を実感できる事を目指す。

Ⅰ.クリニカルラダーとは

看護師の能力開発・評価システムの1つであり、看護師の臨床実践能力を段階的に表し、各段階において期待される能力が示され、到達度によって看護師の能力が評価されるシステムである。看護管理においては、看護師の能力段階に応じた人材育成計画立案や、看護師の効率的な人員配置に活用するのに有用なツールとなる。

(参考資料 平成17年 看護白書 日本看護協会編)

本クリニカルラダーは、ジェネラリストのための標準ラダーであるが、レベルⅡ以上で専門分野クリニカルラダーに挑戦できるシステムとなっている。

Ⅱ.目的

  1. 個々の看護師の臨床実践能力を客観的に評価し、更に主体的に向上・成長するための動機付けとする
  2. 看護師が自分自身の目標を明確化し臨床実践能力を積み重ねることにより、看護ケアの質を高める
  3. 個々の教育ニーズを把握し能力段階を確認しながら自己研鑽や人材育成を行う
  4. 看護師の職務満足を向上させる

Ⅲ.概念図の説明

クリニカルラダーは臨床能力段階臨床能力項目のマトリックスによって看護師の臨床能力の発達を段階的に表している

臨床能力段階

レベルⅠ:新人レベルであり職場の指導や教育を受けながら看護実践を行うことができる

レベルⅡ:所属の臨床場面において看護実践を一人前に実践できる

レベルⅢ:優秀な看護実践に加えて、組織的な役割遂行を実践できる

レベルⅣ:所属の臨床場面においては卓越した看護実践を実施し、組織的にも広範囲な役割遂行を実践できる

臨床能力項目

看護実践能力:基本的看護技術提供から特殊・専門的・高度な看護実践能力

組織的役割遂行能力:看護チームなどの最小組織から看護部、医療施設、地域、国内での看護職能団体の中での役割遂行能力

自己教育・研究能力:技術専門職としての自己技能を高め、さらに看護への科学的追究を行う能力

 

 

Ⅳ.申請手順


6月頃

レベル決定 初回の目標管理面接で各部署の師長にレベル申請の意思を表明する。師長は看護師個々の成長に向けて支援をする。


6月頃

教育委員会に申請

必要書類一式を受け取り、チャレンジ開始
各レベルによって認定要件が異なるので注意!


年度内目標

1次評価・2次評価
最終評価

最終評価の点数をクリアしたら申請できる


年度内目標

必要書類一式を部長へ提出 内容確認後部長がレベル認定する
認定!

認定証と名札用認定シールを交付!


前のページへ戻る

ページ上部へ戻る