進路、評価および研修修了認定

臨床研修終了後の進路について

 初期臨床研修修了後、当院での専門的臨床研修を希望する医師は、常勤嘱託職員として希望する診療科での専門的研修が可能である。

研修評価と研修終了の認定

  1. 研修医の研修評価は、大学病院医療情報ネットワークが実施している臨床研修のオンライン評価(以下「EPOC」という。)を利用する。 各診療科・施設での研修終了時に、研修医が自己評価を入力後、指導医が評価を入力する。
  2. 研修期間中の一部を、卒後臨床研修管理委員会管理外の研修施設もしくは海外研修機関で研修を行った場合は、卒後臨床研修委員会が吟味して研修として認めることができる。
  3. 研修終了時に、卒後臨床研修管理委員会がEPOC評価表および提出レポートなどで総合的な評価を行い、病院長に上申する。病院長は研修を修了したと認定された研修医に対して、 病院長名で研修修了認定証を授与する。
  4. 臨床研修全体の評価は、全国的な組織として設置される第三者機関に委ねるべきであるが、現時点では実務およびプログラム評価等について、卒後臨床研修管理委員会が評価を担当する。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る