外科

▼研修医・医学生用のページへ
外科研修(後期研修)、初期臨床研修についての情報がご覧になれます。

2010年に肝胆膵外科専門医がスタッフに加わり、肝臓、胆のう・胆管、膵臓の病気に対し専門的で高度な治療を安心して受けていただけるようになりました。肝胆膵疾患の手術件数は秋田県で随一です。また、患者さんに負担の少ない腹腔鏡手術を積極的に行い、完全腹腔鏡下胃切除術など、先進的な医療を展開し実績をあげています。

主な診療内容

当科で扱っている病気は、胃がん、肝臓がん、胆のう・胆管がん、膵臓がん、大腸(結腸・直腸)がん、肺がんなどの悪性腫瘍の他、胆のう結石、胆のう炎、虫垂炎、ソケイヘルニア(脱腸)、自然気胸、痔、痔ろうなど、多岐にわたります。特に肝臓、胆のう・胆管、膵臓や胃腸の疾患を得意にしています。また、急性の胆のう炎や虫垂炎は早めに治療することで患者さんが後々まで心配することのないようにします。手術だけでなく、あらゆる手段を尽くして治療にあたります。セカンドオピニオンも受け付けています。

特色

私たちは患者さんの病気や現在の病状の説明を尽くしていきます。手術というのは患者さんや家族にとって大きな負担に感じられて当然のものです。ですから、手術の前には、なぜ手術が必要なのか、手術以外の方法はどうか、手術方法はどういうものか、手術の危険性はどの程度か、手術後の生活は今と違うのか、など丁寧に説明いたします。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る