耳鼻咽喉科

一般目標

 日常診療で頻繁に遭遇する耳鼻咽喉科疾患に適切に対応できるように、入院患者の受け持ちと外来診療によって基本的な臨床能力(態度、技能、知識)を身につける。

 

行動目標
  1. 適切な問診を行い、診断に結びつける。
  2. 鼓膜、鼻腔、咽頭及び喉頭の所見が的確にとれ、診断に結びつける。
  3. 頚部の触診ができる。
  4. 画像より異常所見を見つけることができる。
  5. 耳鼻科専門医に病状を説明し、相談できる。

 

チェックリスト
知識:
  1. 日常の外来において頻繁に遭遇する疾患を理解し、診断できる。
  2. 頭頚部腫瘍を発見し、鑑別できる。
技能:
  1. 耳鏡検査ができる。(顕微鏡下に所見とれる。)
  2. 鼻鏡所見がとれ、間接喉頭鏡検査ができる。
  3. ファイバースコープを使って鼻腔、咽頭、喉頭の所見がとれる。
  4. 基本的な平衡機能検査ができる。
  5. 鼓膜切開ができる。
  6. 耳管通気ができる。
  7. 鼻出血の止血ができる。
  8. 外耳道、鼻腔、喉頭の異物の摘出ができる。
詳しい検査をオ−ダ−する能力:
  1. 聴力検査
  2. アレルギー検査
  3. X線検査、CT検査、MRI検査
  4. ABR、ENoG

 

指導医
工藤和夫、高橋雅史

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る