整形外科

一般目標

 日常診療で頻繁に経験する整形外科的疾患(脊椎、関節疾患、腫瘍性疾患、外傷一般)に対する診断、治療、周術期管理が適切にできるよう、基本的な知識、技能、態度を身につける。

 

■脊椎疾患
行動目標
  1. 正確な手技で神経学的所見をとることができる。
  2. 神経学的所見から障害部位を特定できる。
  3. 診断および治療に必要な検査を選択、指示できる。
  4. 脊椎疾患に対する適切な治療法の選択ができる。

 

チェックリスト
知識:
  1. 頚椎性脊髄症と神経根症の鑑別ができる。
  2. 腰部脊柱管狭窄症の診断、鑑別ができる。
  3. 腰椎椎間板ヘルニアの診断、鑑別ができる。
  4. 脊椎疾患に対する治療法の選択と予後の推測ができる。
技能:
  1. 正確な神経学的所見をとることができる。
  2. 神経学的所見から障害部位を特定できる。
  3. 単純X線写真の読影ができる。
  4. 脊髄造影の実施とその評価ができる。
  5. 椎間板造影、神経根造影の実施とその評価ができる。
  6. 脊椎のCT、MRIを造影できる。
  7. 臨床所見と画像所見から病変部位を特定し、治療方針を決定できる。
  8. 周術期管理ができる(装具、リハビリを含む)。

 

■関節疾患
行動目標
  1. 四肢の所見が正確にとれる。
  2. 頚椎疾患と肩関節疾患、腰椎疾患と股関節疾患の鑑別ができる。
  3. 関節疾患に対する診断および治療に必要な検査を選択、指示できる。
  4. 関節疾患に対する適切な治療の選択ができる。

 

チェックリスト
知識:
  1. 四肢の関節の基本構造と働きを説明できる。
  2. 四肢の関節の疼痛、機能障害をきたす疾患の鑑別ができる。
  3. 関節疾患に対する治療法の選択と予後の推測ができる。
技能:
  1. 四肢の関節の炎症所見(発赤、疼痛、腫脹、熱感)を正確に評価できる。
  2. 診断に必要な圧痛部位を正確に評価できる。
  3. 各種誘発テストを正確に行い正しく評価できる。
  4. 臨床所見と画像所見から病変部位を特定し、治療方針を決定できる。
  5. 周術期管理ができる(装具、リハビリを含む。)

 

■腫瘍性疾患
行動目標
  1. 骨、軟部腫瘍の視診、触診ができる。
  2. 骨、軟部腫瘍の単純X線写真、CT、MRIが読める。
  3. 臨床所見と画像所見から鑑別診断を列挙できる。
  4. 生検標本の病理所見から診断を確定できる。
  5. 骨、軟部腫瘍に対する治療方針の決定と予後の予測ができる。

 

チェックリスト
知識:
  1. 単純X線写真から骨腫瘍の鑑別診断が列挙できる。
  2. CT、MRIから骨、軟部腫瘍の鑑別診断が列挙できる。
  3. 転移性脊椎腫瘍の原発巣の検索ができる。
  4. 化学療法、放射線療法の適応の決定とその効果判定ができる。
技能:
  1. 針生検ができる。
  2. 臨床所見と画像所見から診断、治療方針を決定できる。

 

■外傷一般
行動目標
  1. 外傷患者に対する臨床的能力を身につける。
  2. 外傷患者の診断に必要な検査を迅速に判断し、指示できる。
  3. 外傷の合併症を予測し迅速に適切な対応ができる。
  4. 必要に応じて専門医に診療を依頼できる。

 

チェックリスト
知識:
  1. バイタルサインを正しく把握し、生命維持に必要な処置を的確に行う。
  2. 問診、全身の診察および検査によって得られた情報をもとにして、迅速に判断をくだし初期診療計画をたて、実施できる。
  3. 指導医または専門医の手にゆだねるべき状況を的確に判断し、申し送りできる。
  4. 小児の場合、保護者から必要な情報を要領よく聴取し、小児に不安を与えないよう診察を行い、必要な処置を原則として指導医のもとで実施できる。
  5. 受傷機転と臨床所見から骨折、脱臼、靭帯損傷、腱断裂の臨床診断が的確にできる。
  6. 神経、血管損傷の合併の有無を判断できる。
  7. 統合検査(血液学、血清学、生化学)、尿一般検査、細菌検査、生理検査、さらに必要な画像検査を選択、指示し、結果を正しく解釈できる。
  8. 滅菌、消毒法の基本を理解している。
  9. 薬剤(特に消炎鎮痛剤、抗生物質)、輸血、血液製剤の使用法を理解している。
技能:
  1. 固定(包帯、副子、ギプス、テーピング)が適切にできる。
  2. 直達、介護牽引ができる。
  3. 洗浄、デブリドマン、皮膚縫合ができる。
  4. 指導医のもとで単純な骨接合、腱縫合ができる。
  5. 術前準備(体位、手洗い、包帯のかけかた)、手術の介助ができる。
  6. 創処置(ガーゼ、包帯交換、皮膚縫合、切開を含む)、ドレーン、チューブ類の管理ができる。
  7. 注射(皮内、皮下、筋肉、関節、点滴、静脈確保)ができる。
  8. 採血(静脈血、動脈血)できる。

 

研修方法
  1. 主に入院患者を数名担当し、指導医とともに周術期管理を学ぶ。
  2. 上級医の指導のもと外来診療を学ぶ。
  3. 上級医、指導医とともに手術に入り、基本的手術技法を学ぶ。
  4. 総回診前、ケースカンファランスで症例提示を行い、プレゼンテーション能力を磨く。

 

指導医
木村善明、柏倉剛、櫻場乾

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る