心臓血管外科

一般目標

 将来、心臓血管外科を志す医師はもちろんのこと、他の診療科に進む医師にとっても有益な基礎知識と基本的手技の修得をめざす。

 

研修内容 基本的知識の習得
  1. 心臓血管の発生、解剖、生理の理解
  2. 各疾患の病態生理の理解と検査所見の判読、診断
    ・画像診断検査
    ・生理学的検査
    ・虚血肢無侵襲的循環動態評価
    ・心臓血管カテーテル検査
  3. 循環器系薬剤の投与法
  4. 各疾患の手術療法を保存的療法についての理解
  5. ICU管理を含む心臓血管外科周術期患者の管理と治療
    ・モニターラインの装着、各データの判読
    ・カテコラミン、血管拡張剤、補液
    ・不整脈の判読と適切な治療
    ・緊急時の心肺蘇生術
  6. 体外循環、その他の循環補助装置
  7. ペースメーカーの適応と患者管理 

 

基本的手技の修得
  1. 開胸、閉胸術
  2. 胸腔ドレナージ術、心嚢ドレナージ術
  3. 血管吻合術
  4. 動脈塞栓除去術
  5. 非解剖学的バイパス術(F-F bypass)
  6. 静脈瘤:高位結紮術、硬化療法、stripping手術

 

指導医
星野良平

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る