小児科

到達目標

 小児科は、患者の年齢的特殊性があることを理解し、また家族が患者に対しても診療に対しても大きな役割があるため、
・小児の発達を理解する。
・小児の特性(薬剤の動態、易けいれん性、感染症など)を知る。
・症候から疾患を考える。
・疾患への対応を習得する。
・予防・健康増進・家族関係・心の発達など広い知識の習得と患者家族への対応を習得する。

 

概説

 小児科は、まさに「総合診療科」であり、胎児から関わり成人までの間の疾患のみならず、全人的な診療態度を身につけることになる。具体的な研修内容は後記する。(チェック項目参照)

当科のモットーは、
 ・病気(病態)に厳しく、こどもに優しく、職場は楽しく!
 ・常に 診断にSomething else がないか?
     治療にSomething wrong がないか?
     学問としてSomething new がないか? を意識して!
 ・小児科医が誤診をする時;
   「親に腹をたてた時、医師のプライド゙にこだわった時」
 ・安全な方に間違えるべし。

 

日常研修内容
 研修医は基本的には、病棟で診療を行う。一般外来は、指導医または上級医の指導のもとに行う。午後の特殊外来や外来検査を行う。

週間スケジュール
   月  火  水  木  金
午前

11時〜
病棟

外来
病棟

外来
病棟

外来
病棟

外来
病棟

外来
午後 成人ポリオ
(第3)

インフルエンザ゙

全体回診
乳児健診 慢性外来

腎臓外来
(第4)

母親学級
見学(第1)
神経外来
(第1,3)

こども相談外来
(第2,4)
予防接種

心臓外来
(第3)

全体回診

(月1回往診に参加)


病棟の日程
朝  新生児採血、小児科入院患者の状態を看護師などから聴取を行う。
8:30〜 ・小児科新生児室回診
・一般入院児のカルテ回診(研修医がプレゼンテーションを行う。)
・産婦人科新生児回診(24時間以内の児、日令5の児)
・一般入院児の回診、処置などを行う。
夕回診は、原則的には個別に行う。

・研修医は原則的に、午前病棟、午後は各種検査や外来など新入院の1〜2人を受け持つ。
・日常の勤務は、「小児科マニュアル2006年度版」を参照。
・診療計画をたて、オーダーを出す。(指導医、上級医の印をもらう)
・ケースカンファレンス、病棟全体回診時にプレゼンテーションする。
・採血、注射(皮下注射、皮内注射、筋肉注射、静脈)、その他の処置を行う。
・各種検査を行う。(初めての検査や危険を伴う検査は指導医、上級医と)
・診療録を書き、データを整理する。(診療録はPOSで。日常的にはSOAPも)
・各種書類を書く。(書ける書類は小児科マニュアルを参照)
・家族への説明を行う。
・夜間は指導医等とともに診療を割り当てる。(救急入院患者への対応)

 

その他
・ こどもや家族と良好な関係を築く。
・ スタッフと良好な関係を築く。
・ 地域医療連携の会、小児科地方会、5S会、小児科勉強会(開業医さんとの)などで発表する。
 小児科地方会……7月、12月
 地域医療連携の会……不定期
 小児科勉強会……6月、10月、2月
 5S会での発表……月1回(月末)
 抄読会……月1回(第2木曜日)
 (その他、秋田県小児神経研究会、周産期研究会、膠原病研究会、アレルギー研究会など)
・ 各種カンファレンス、院外の講演会、院内勉強会に参加する。
・ 時間外なども研修の場合は参加可能
・ 英会話教室に参加
・ 院内誌に投稿する。
・ 全国学会への参加、PALS講習会への参加

 

指導医
小泉ひろみ、武田修、高橋まや、米山法子、河村正成

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る