神経内科

一般目標

 日常診療で頻繁に遭遇する神経疾患に適切に対応ができるように、入院患者の受け持ちと外来診療によって基本的な臨床能力(態度、技能、知識)を身につける。

 

行動目標
  1. 身体所見から中枢神経、末梢神経の疾患を発見できる。
  2. 神経学的診察ができる。
  3. 神経内科専門医、脳外科専門医に適切に紹介できる。

 

チェックリスト
知識:
  1. 頭痛をきたす疾患を鑑別できる。
  2. 意識障害をきたす疾患を鑑別できる。
  3. 歩行障害・運動障害をきたす疾患を鑑別できる。
  4. 言語障害をきたす疾患を鑑別できる。
  5. 記憶障害をきたす疾患を鑑別できる。
  6. てんかん発作を起こす疾患を鑑別できる。
  7. 振戦などの不随意運動をきたす疾患を鑑別できる。
技能:
  1. 神経学的診察ができる。
  2. 腰椎穿刺ができ、髄液圧を測定できる。
  3. テンシロンテストができる。
  4. インターネットを使用し文献検索ができる。
  5. 症例提示と討論ができる。
詳しい検査をオ−ダ−する能力:
  1. 抗てんかん薬の血中濃度測定
  2. 頚動脈ドップラーエコー
  3. 頭部CT検査、頭部および脊柱MR検査
  4. 脳血管造影検査
  5. 脳波検査、誘発脳波検査
  6. 筋電図、神経伝導検査
  7. 筋生検
  8. ミエログラフィー
  9. 毒物、重金属のスクリーニング

 

研修方法
  1. 主に入院患者を数名担当し、指導医とともに診療にあたる。
  2. 指導医とともに外来患者の診療に参加する。
  3. 指導医とともに回診する前に、ケースカンファランスで症例提示を行う。
  4. 病棟看護スタッフに担当患者の診断、検査計画および治療方針について説明する。
  5. 担当した患者に関する文献をインターネット等で検索し、科学的に吟味してカンファランスで紹介し討論する。

 

指導医
芋田 強

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る