血液・腎臓内科

研修目標
血液疾患関連:
  1. 患者の症状・検査成績より血液疾患を疑うことができる。
  2. 表存リンパ節腫大の触診、肝脾腫の触診ができる。
    超音波検査で、表存リンパ節腫大の有無、肝脾腫の有無、腹部のリンパ節腫大の有無が判断できる。
  3. 骨髄穿刺検査ができる。
  4. 末梢血液像、骨髄塗抹標本を的確に判断できる。
  5. 骨髄病理標本を的確に判断できる。
  6. 急性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫の診断ができる。
  7. 急性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫の標準化学療法を安全に施行できる。
  8. 特発性血小板減少性紫斑病の診断・治療ができる。
  9. 鉄欠乏性貧血、骨髄異形性症候群、その他の貧血の鑑別診断・治療ができる。
  10. 貧血、白血球減少、血小板減少の管理ができる。
  11. 輸血療法が的確にできる。
腎疾患関連:
  1. 腎疾患を疑うことができる。
  2. 腎疾患の一般検査ができる。
  3. 腎生検の必要な患者が判る。
  4. 腎生検結果に基づいて、慢性糸球体腎炎の治療ができる。
  5. 透析前の慢性腎不全の管理ができる。
  6. CAPD患者の管理ができる。
  7. 電解質異常の管理ができる。
膠原病関連:
  1. 症状から膠原病を疑うことができる。
  2. 膠原病の診断基準に基づいて膠原病を診断できる。
内分泌疾患関連
  1. 甲状腺の触診ができる。
  2. 甲状腺超音波検査で甲状腺疾患を的確に判断できる。
  3. バセドウ病、慢性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎の診断、治療ができる。
  4. 甲状腺癌を疑うことができる。

 

指導医
中山豊、市川喜一、政井理恵、志田青慈

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る