呼吸器内科

一般目標

  日常診療で頻繁に遭遇する呼吸器疾患に適切な対応ができるように、外来および入院患者の診療によって基本的な臨床能力(知識、技能、患者に対する接し方等)を身につける。

 

行動目標
  1. 身体所見、検査所見から上気道、下気道、肺、胸膜、縦隔の炎症性病変や腫瘍性病変等を発見出来る。
  2. 気管支喘息の診断、治療が出来る。
  3. 呼吸器感染症の診断、治療が出来る。
  4. 呼吸不全の初期治療ができる。
  5. 呼吸器専門医に適切に紹介できる。

 

研修目標
知識:
  1. 胸部X線写真の読影が出来る。
  2. 呼吸機能検査の結果を理解することが出来る。
  3. 動脈血ガス分析の結果の評価が出来る。
技能:
  1. 静脈血採血が出来る。
  2. 動脈血採血が出来る。
  3. 静脈注射、静脈内点滴が出来る。
  4. 気管内挿管が出来る。
  5. 胸腔穿刺が出来る。
  6. ツベルクリン反応検査が出来る。
  7. 人工呼吸器の基本的操作が出来る。
  8. 症例呈示と討論が出来る。
詳しい検査をオ−ダ−する能力:
  1. 気管支鏡
  2. 胸部CT
  3. 喀痰細胞診
  4. 胸腔穿刺
  5. 肺動脈造影
  6. 気管支動脈造影
  7. 胸膜生検

 

研修方法
  1. 入院患者を数名担当し、指導医とともに診療にあたる。
  2. 指導医の指導のもとに外来患者の診療に参加する。
  3. 総回診時、あるいは症例検討会時に症例呈示を行なう。
  4. 病棟の看護スタッフに担当患者の診断および治療方針について説明する。
  5. 担当患者の疾患に関する文献検索を行ない、科学的に検討し、症例検討会等で紹介し討論する。

 

指導医
本間光信、伊藤伸朗、伊藤武史

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る