循環器内科

一般目標

 日常診療で頻繁に遭遇する循環器系疾患に対する適切な対応ができるように、入院および外来診療によって基本的な臨床能力(態度、技能、知識)を身につける。

 

行動目標
  1. 症状、身体所見、検査所見、画像所見などの異常から、種々の心疾患や不脈を発見できる。
  2. 心疾患の早期発見と危険因子を管理できる。
  3. 高血圧の管理ができる。
  4. 心不全、心源性ショックの治療ができる。
  5. 循環器専門医に適切に紹介できる。

 

チェックリスト
知識:
  1. 心音、心雑音、呼吸音の聴診ができる。
  2. 胸痛をきたす疾患の鑑別ができる。
  3. 心疾患の危険因子をチェックすることができる。
技能:
  1. 静脈採血・注射・点滴、末梢静脈圧測定ができる。動脈血採血ができる。
  2. 気管内挿管ができる。
  3. 心不全例の循環管理や不整脈例の管理ができる。
  4. 心血管エコ−での評価ができる。
  5. スワン−ガンツカテ−テルを用いた血行動態モニタリングができる。
  6. エコーガイド下中心静脈穿刺ができる。
  7. 体外式ペ−シングができる。
  8. インタ−ネットを使用し、文献検索ができる。
  9. 症例呈示と討論ができる。
詳しい検査をオ−ダ−する能力:
  1. 心電図、負荷心電図、ホルター心電図、加算心電図
  2. 胸部X線
  3. 脈波
  4. 超音波検査(心臓、頸動脈、大動脈、腎動脈、末梢動脈、末梢静脈など)
  5. シンチグラフィ(心筋血流、心筋脂肪酸代謝、心臓交感神経機能、肺血流、炎症シンチなど)
  6. 心臓カテーテル検査(冠動脈造影、左室造影、大動脈・動脈造影、右心カテ、電気生理学的検査、心筋生検など)
  7. CT(大動脈、肺動脈、深部静脈、頭部、胸部、腹部など)
  8. MRI(頭部、大動脈、頸動脈、腎動脈、末梢動脈など)
  9. ヘッドアップティルト検査

 

研修方法
  1. 指導医とともに入院患者の診療にあたる。
  2. 指導医の指導のもとに外来患者の診療に参加する。
  3. カンファレンスで症例呈示を行う。
  4. コメディカルスタッフに担当患者の診断および治療方針について説明する。
  5. 担当した患者に関する文献をインタ−ネットで検索し、科学的に吟味してカンファレンスで紹介して討論する。

 

指導医
中川正康、藤原敏弥、柴原徹

 

循環器内科研修の週間スケジュール
時刻
午前 外来/病棟 外来/病棟 外来/病棟 外来/病棟 外来/病棟
    ペースメーカー トレッドミル 心外手術 ペースメーカー
午後 心カテ/エコー 心カテ/エコー 心カテ/エコー 心カテ/エコー 心カテ/エコー
      エコー検討会 ヘッドアップティルト  
  冠動脈CT 冠動脈CT 冠動脈CT 冠動脈CT 冠動脈CT
夕方 カンファレンス カンファレンス カンファレンス カンファレンス カンファレンス
  (カテ・シンチなど) (カテ・シンチなど) (カテ・シンチなど) (カテ・シンチなど) (カテ・シンチなど)
    (病棟カンファ)      
  1. 外来
    新患および予約外受診患者の問診およびトリアージを担当します。
  2. 病棟
    病棟担当医とともに入院患者の回診を行います。
  3. ペースメーカー植え込み術・交換術
    主に火曜日と金曜日の午前に行います。心臓血管外科医の助手を務めます。
  4. 心臓血管外科手術(通常木曜日)
    腹部大動脈瘤や末梢血管の手術がある際には、循環器内科の研修医が心臓血管外科医の助手を務めます。
  5. 心血管エコー
    心エコーのみならず、頸動脈エコーや末梢血管エコーの研修もできます。
  6. 心カテ
    心血管カテーテル検査および各種治療に手洗いをして参加します。
  7. トレッドミル運動負荷試験
    水曜日午前に行っています。心臓リハビリ症例の心肺運動負荷試験も行っています。
  8. 中心静脈カテーテル留置
    当科入院中の患者だけでなく他科からの依頼も多数あり、エコーガイド下での穿刺をトレーニングできます。
  9. その他
    主に木曜日の午後、不定期でヘッドアップティルト試験、カルディオバージョン、経食道ペーシングなども行います。
  10. カンファレンス
    毎日心カテ患者を中心にカンファレンスを行います。火曜日には入院患者のカンファレンスも行います。また毎週水曜日にはコメディカルスタッフも交えた心カテカンファレンスを、さらに不定期ですが外部講師を招いたエコー検討会も水曜日午後に行っています。
  11. 入院患者および外来患者の検査結果のチェックは毎日全患者について行いますが、最終チェックは上級医が行います。また毎週末に全入院患者のWeekly Summaryを記載を担当します。

 

 

 

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る