処遇

初期臨床研修医の処遇

当院の初期臨床研修医の処遇は以下の通りです。昨年度の諸手当を含めた総支給額(出張費を除く)は1年次研修医で650万円前後、2年次研修医で800万円前後でした。
市立秋田総合病院の研修医として採用する。研修中はその身分を明らかにする処置を講じ、病院は研修環境の整備に努力する。
  1. 勤務体制と勤務時間
    常勤、原則平日7時間45分勤務(8:30~17:00、休憩時間45分)
    休日:完全週休2日制、祝日
    休暇:年次有給休暇(1年次 15日、2年次 16日)
       夏期休暇(6月~9月の間に5日)
       年末年始(12月29日~1月3日)
       当直明けは完全休暇
    当直(又は副当直、日直、副日直)は月3~4回程度行う。
  2. 給与
    当院規定による給与が支払われる。
     1年目 月額 400,000円、賞与年額 678,000円(年2回合計額)
     2年目 月額 450,000円、賞与年額 1,035,000円(年2回合計額)
     (いずれも6月期と12月期の年2回に分けて支給。)

    住居手当 50,000円を上限として支給

    副当直手当(17:00~22:00) 1回 20,000円(1年目:月3~4回程度)
     ※休日8:30~17:00の副日直(1回20,000円)を行う場合あり。

    当直手当(17:00~翌朝8:30) 1回 40,000円(2年目:月3~4回程度)
    ※休日8:30~17:00の日直(1回40,000円)又は副当直を行う場合あり。

    その他  時間外手当
  3. 社会保険
    全国健康保険協会管掌健康保険、厚生年金、労働者災害補償保険、雇用保険に加入する。
    医師賠償責任保険は病院として加入。個人の加入は任意。
  4. 研修医室有り(2室)
  5. 白衣支給有り(クリーニング代は病院負担)
  6. 学会、研究会、講習会等の参加可能(当院の規定および予算の範囲内で旅費、参加費等の支給有り)
  7. 定期健康診断を年1回おこなう。
  8. 専用宿舎はないが、希望があれば近隣アパート等を紹介。住居手当支給有り。
※アルバイトの禁止について
 医師法第16条の3に規定する臨床研修への専念義務に基づき、研修期間中のアルバイトは禁止する。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る