新人教育

■ 新人看護教育の理念
  1. 看護は人間の生命に深く関わる職業であり、患者の生命、人格及び人権を尊重する事を基本とし、生涯にわたって研鑽されるべきものである。新人看護職員教育は、看護実践の基礎を形成するものとして、重要な意義を有する。
  2. 新人看護職員を支えるにあたっては、周囲のスタッフだけではなく、全職員が新人看護職員に関心を持ち、皆で育てるという組織文化の醸成が重要である。新人看護職員を支援し、周りの全職員が共に支え合い成長することを目指す。

■ 新人の成長モデル

  1. 新人看護師には、職務を遂行するために次のようなことが期待されます。
    1)患者や医療チームが立案した目標に沿った看護計画を立案して看護を提供す ること
    2)最新の医療を提供しようとする組織に、看護師として学習成長することで 貢献すること
  2. 新人看護師は、業務を遂行するために次のような成果責任があります。
    1)病院、看護部、病棟、チームの目標や方針を理解する
    2)自己成長目標を達成する
    3)業務を完全遂行する
    4)医療チーム(病棟スタッフ、他部門のスタッフなど)との協力関係を結ぶ
  3. 新人看護師には、業績指標があります。
    各到達目標や評価基準に従って達成する
■ 新人プログラム(新人教育3年間の予定)・プリセプターシップ制
 新人看護職員研修プログラム ⇒ pdf(PDF 120KB)

 

■ 研修風景
 注射研修
注射研修01 注射研修02

 救命救急処置技術
救命救急処置技術01 救命救急処置技術02

 ボディメカニクス実技編
ボディメカニクス実技編01 ボディメカニクス実技編02

 入所してすぐの宿泊研修・・・グループワークを通じて親睦を深めます
宿泊研修01 宿泊研修02

 

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る