神経内科

神経内科について

神経内科では、神経(脳/脊髄/末梢神経)および筋疾患を迅速かつ的確に診断・治療致します。CT、MRI、SPECT、頸動脈エコー、脳波、筋電図等神経筋疾患の診断に有用な検査はほぼ全て施行可能です。常に最新の治療方法を行い、治療にあたってはインフォームド・コンセントを重視致します。

診療内容

  1. 症状としては頭痛、めまい、麻痺、しびれ、認知症、意識障害、歩行障害、言語障害、視野障害、ふるえ、けいれん等が診療の対象です。
  2. 脳梗塞:脳卒中専門医として力を入れている分野です。急性期治療をおこない、看護師、リハビリスタッフ、薬剤師、栄養士、社会福祉士とともに患者中心の医療を進めていきます。回復期リハビリ施設とのスムーズな連携を図ります。
  3. 神経変性疾患:パーキンソン病/脊髄小脳変性症/アルツハイマー病/筋萎縮性側索硬化症等の診療を行います。
  4. 脳髄膜炎/多発性硬化症/重症筋無力症/筋ジストロフィー/ギラン・バレー症候群などの末梢神経障害についても適宜入院治療が可能です。
  5. 眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸、上肢下肢痙縮に対するボツリヌス治療が可能です。

 以上に関連しそうな症状でお困りの場合は、是非、神経内科をご受診下さい。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る