看護部

市立秋田総合病院 看護部へようこそ

看護部長 私たちは、看護の根底にある人間愛を基本とし、常に謙虚な気持ちを失うことなく学習を重ねて、最良の看護を提供することを目指しています。現在、目標管理に加えて人事評価にも取り組み、看護師一人ひとりが確かな知識と技術を備えた上で、専門領域の看護を深めて、個人の持てる力をより生かした看護が実践できるように支援しています。また、看護の専門分野の資格取得支援などを積極的に進めており、より活躍できる体制も整えております。
 平成25年度からは、長く働き続けられる職場環境を整えるためワークライフバランスに取り組んでおります。よい職場環境を構築することが、質の高い看護を患者さんに提供できることにつながると考えております。
 質の高い看護で市民の皆様に選ばれる看護部にしたいと思います。
 

看護部長 吹谷 由美子 (認定看護管理者)


看護部理念
人間愛に満ちたやさしい看護をいたします

 

基本方針
1.安全管理に努め、信頼される質の高い看護をいたします。
2.豊かな人間性と専門的知識・技術を持つ、自律した看護師を目指します。
3.患者さんとともにチーム医療を推進します。
4.地域に貢献できる看護をいたします。
5.積極的に病院経営に参画します。
 

※「人間愛とは」
 人間を尊重し、相手の立場を認め共感し、思いやりと感謝の気持ちを持つこと。

 

平成21年8月11日改訂


■ミッション
地域住民の健康と生活を支援するため、個人を尊重し、思いやりと誠実の心で時代に沿った最良の看護を提供します。
■教育理念
豊かな感性、高い倫理観、専門的知識・技術を身につけ、患者中心の看護が提供できる自律した看護師を育成する。
■教育の基本方針
  • 患者中心の看護を実践できる看護師の育成
  • 対象の生命、人格、人権を尊重することを判断、行動の基本とできる看護師の育成
  • 組織の一員として役割を遂行できる看護師の育成
  • 主体的に看護に取り組む、自律した看護師の育成
  • 自主的に自己実現に取り組むことができる看護師の育成
■目指す職員像(病院)
  • 社会環境の変化等に的確に対応し、新たな課題にも意欲的に取り組む職員
  • 自らの能力の向上に努め、適切な判断や行動ができる職員
  • 倫理観を持ち、誠実で思いやりのある患者サービスに努める職員
  • 協調性を持ち、明るく活き活きとした職場を作る職員

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る