日本肝胆膵外科学会高度技能専門医修練施設

日本肝胆膵外科学会高度技能専門医修練施設に認定されています
 2008年、日本肝胆膵外科学会では、高い難度の肝臓、胆嚢・胆管、膵臓の外科手術をより安全に、かつ確実に行うことができる外科医を育てることを目的に“高度技能専門医制度”を発足させました。この資格を得るには、豊富な経験を持つ指導医のもと、その領域の手術を他病院と比較し著しく多く行っている病院である認定施設において経験を積み、定められた数の手術実績をあげ、かつ厳しい技術審査に合格しなければなりません。

 2012年6月、当院は“高度技能専門医修練施設”として認定を受けました。これは肝胆膵領域の外科手術が専門医によって安全・確実に遂行されていることを意味します。今後当院では肝胆膵外科のセンターとしての実績を一層伸ばしながら、秋田県における肝胆膵癌の治療成績を向上させられるよう努力する所存です。
 肝臓、胆嚢・胆管、膵臓などの領域で治療が必要と言われている患者さんはお気軽に当院外科を受診し、専門医に相談してください。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る