結石破砕機

◆ 尿路結石治療のために体外衝撃波結石破砕装置を導入しました。

結石破砕装置

結石粉砕器

開腹手術が不必要として治療の一大改革として登場したのが、体外衝撃波破砕術いわゆるESWLです。

ESWLはすべての尿路結石を治療できる訳ではありませんが、腎臓そして腎臓に近い上部尿管に位置する結石症に最も効果を発揮します。今回導入されたESWL装置は、小型で性能が一段とランクアップしたフランス社製の「ソラリス・プラクティス」という最新の機種です。

この装置は患者さんにとって痛みが少なく、無麻酔で(鎮痛剤の投与だけで)の治療が可能になりました。また特殊な電気伝導式衝撃波技術を採用しているため破砕効果も向上し、通常の結石では約30分と短時間で治療できるようになりました。(通常1泊から2泊の入院を予定)

尿路結石は一度治療しても再発する人が多い疾病ですが、ESWLは切開手術ではなく、また内視鏡手術と比べても体への負担が少ないため、再発に対しても繰り返し治療することが可能です。

それだけに今まで尿路結石症に苦しんでこられた患者さんにとっては内視鏡手術と同様今回のESWL装置の導入により、大いに恩恵がもたらされるものと期待します。

(平成16年12月導入)

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る