沿革

昭和2年12月 秋田市社会事業の一施設「市立秋田診療所」診療開始(旧下長町21番地:通称石橋小路)
昭和3年10月 伝染病院竣工 「市立上野病院」と命名 (川尻:現在地 病床41床)
昭和29年6月 市立秋田病院 設置届出
昭和30年3月 結核病棟(病床50床)・放射線棟を新築
昭和30年4月 秋田診療所を市立秋田病院へ統合
昭和39年4月 精神病棟完成(70床)
昭和39年6月 救急告示医療機関の指定を受ける
昭和52年1月 市立秋田総合病院割山分院開設
昭和59年6月 市立秋田総合病院改築竣工
昭和59年8月 病棟工事に着工(第二期工事)
昭和59年10月 市立秋田総合病院全面改築完成/ 割山分院廃止
昭和59年12月 新病院竣工祝賀会挙行
昭和63年5月 バイオクリーン手術室新設
平成5年1月 バイオクリーン手術室新設/第一・第三土曜日の外来診療を休診
平成7年4月 老人性痴呆センター新設/ 院外処方を始める
平成11年6月 オーダリングシステム導入/増築及び一部改修工事着工
平成12年12月 増築及び一部改修工事竣工
平成13年1月 結核病棟60床から46床に変更
平成13年4月 脳神経外科及び心臓血管外科の開設/ ICUの新設
平成15年10月 単独型臨床研修病院の指定を受ける
平成16年1月 地域医療連携室を設置
平成16年2月 女性外来を開設
平成16年3月 老人性痴呆疾患センター廃止
平成16年4月 医療安全推進室及び診療情報室を設置
平成17年1月 一般病床410床から376床に、結核病床46床から32床に変更
平成17年4月 超音波センターおよび内視鏡センターを開設
平成17年4月 給食業務を外部委託
平成17年4月 診療材料在庫管理システム(SPD)の導入
平成17年9月 日本医療機能評価機構の認定を受ける
平成18年4月 臨床工学室を新設
平成18年5月 セカンドオピニオン外来を開設
平成18年7月 禁煙外来を開設
平成18年8月 外来化学療法室を新設
平成19年2月 オーダリングシステムを更新
平成19年2月 電話予約センターを設置
平成19年4月 救急診療部を新設(ICU、救急、手術室、臨床工学室)/がん治療支援・緩和ケアチームを新設/透析センターを新設
平成19年8月 結核病床32床から22床に変更
平成20年3月 ウイルス性肝炎外来を開設
平成20年4月 中央監視業務を完全外部委託
平成20年7月 入院医療費にDPC(包括支払制度)を導入
平成20年7月 肝疾患診療連携拠点病院に指定
平成20年7月 メディネットシステム(院内大型ディスプレイ)による院内広報開始
平成21年4月 標榜診療科目を20科から23科に変更(病理診断科、臨床検査科、救急科を標榜)
平成21年4月 肝疾患相談センターを新設/がん治療支援診療部を新設(緩和ケアチーム、外来化学療法室、がん相談支援センター、がん登録室)/卒後臨床研修センターを新設
平成22年3月 秋田県がん診療連携推進病院に指定
平成22年4月 感染管理室を新設
平成22年7月 128列マルチスライスCTを導入
平成22年10月 第49回全国自治体病院学会を開催(当院が学会事務局)
平成23年10月 標榜診療科目を23科から24科に変更(乳腺・内分泌外科を標榜)
平成24年9月 小児科および耳鼻咽喉科救急外来を設置
平成24年10月 創立85周年記念病院祭を開催
平成25年4月 標榜診療科目を24科から25科に変更(糖尿病・代謝内科を標榜)
平成26年4月 経営形態を地方独立行政法人へ移行
診療科目を25科から26科に変更(総合診療科を院内標榜)
病児・院内保育施設を開設
平成27年3月 電子カルテシステム導入
平成27年4月 経営企画部を新設(経営企画室、診療情報室、がん登録室)
平成28年3月 一般病床376床から374床に変更

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る