理事長あいさつ


理事長 伊藤誠司

 

 

 当院のホームページを訪問してくださりまして有り難うございます。

市立秋田総合病院は、昭和2年に秋田市が開設した「市立秋田診療所」と昭和3年に完成した「市立上野病院」をはじまりとして、昭和29年に「市立秋田病院」が設置されています。昭和30年に結核病棟、昭和39年に精神病棟が完成し、急性期医療を中心に、公立病院に求められる政策医療も担って来ました。

平成26年4月  経営形態を地方独立行政法人へ移行し、より効率的で健全な病院経営を目指して努力しております。

救急告示医療機関として1次・2次救急を担当していますが、平成24年に小児科救急外来を開設して小児科医師による夜間・休日の小児科専門の救急診療を行っています。秋田県災害拠点病院に指定され、災害派遣にも出動実績を積むとともに、将来に予測される災害への対応準備にも務めております。

単独型臨床研修病院として多数の初期研修医や後期研修医が巣立っています。また、看護学校の実習協力病院として看護師や、その他薬剤師、リハビリ技師など医療スタッフの臨床実習と育成にも協力しています。

当院の5大疾病への取り組みは、まず、秋田県がん診療連携推進病院として、がんに対する難易度の高い外科的治療をはじめ、低侵襲の非外科的治療、化学療法および放射線治療を行うとともに緩和医療を効果的に行い、集学的治療を実施します。

脳卒中をはじめとした脳血管疾患に対しては、救急医療に対応する体制を維持し、急性期および回復期リハビリテーションの充実に努めます。

急性心筋梗塞に対しては、24時間対応可能な冠動脈カテーテル治療と集中治療室での管理により、救命率の更なる向上を目指します。

糖尿病に対しては、チーム医療による食事療法、運動療法、薬物療法等の糖尿病治療を提供し、予防目的を含めた糖尿病教室を引き続き定期的に開催し、患者の意識啓発等の推進に努めます。

秋田県認知症疾患医療センター(基幹型)および市内における総合病院で唯一の精神科の閉鎖病棟を引き続き運営し、高齢化に伴い増加している身体合併症を有する精神疾患患者への対応病院としての役割を果たし、急性期入院治療をはじめとする総合病院に求められる精神医療の充実に努めます。

また肝疾患診療連携拠点病院など当院の特徴的な診療部門にも注力しております。

市立秋田総合病院の現在の建物は昭和59年10月に全面改築完成しましたが、年月の経過とともに建物の狭隘化や設備の老朽化が進み、2022年11月を目途に全面改築作業が進行中です。新病院では少子化・高齢化による人口減少社会に対応して病床数は削減しますが、生活習慣病という基礎疾患を持った高齢者に求められる総合的で高度な急性期医療と秋田県で求められている政策医療の総合的な融和を目指していきたいと考えています。

病院完結型から地域連携による地域完結型の医療を目指して今後も努力していきますので宜しくお願いいたします。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る