第二の永久歯 ~インプラント(人工歯根

 インプラントとは、歯の抜けた場所に人工の歯根(しこん)を埋め込んで顎(あご)の骨に固定した後、人工の歯を上から装着する治療方法です。

 インプラントにはこんな患者さんに最適です。

健康な歯は削りたくありません
   患者さんは上顎(あご)の前歯1本がケガで抜けてしまいました。以前は両隣りの歯を削ってブリッジで治療しましたが、インプラントを使用して両隣の健康な歯は削らずにすみました。
取り外しの部分入れ歯になじめません
   者さんは、奥歯を抜歯して取り外しの入れ歯を入れましたが、なじめませんでした。抜歯した部位にインプラントを使用し、固定式の歯が入りました。
総入れ歯がガタガタします
   患者さんは、総入れ歯で下顎(あご)がへってしまい、入れ歯がガタガタで良く噛めません。下顎(あご)の犬歯があった所にインプラントを2本使用し、総入れ歯の支えにしました。

 歯の尊さ

 年齢の齢の字が歯にしたがっているように、歯は年齢と不可分のものです。食べるたびに歯のご厄介になり、その歯が噛みくだく音に食欲が高まるようです。しかし歯の働きがあまりに身近なため、その重要な役目も、最も人間にとって大切なものであることも、忘れている人が多いようであります。

 ご自分の永久歯を、字の如く大切にいつまでも、永久にお使いになれるように祈念いたします。万が一不幸にも、大切な永久歯を失った場合は、インプラント治療を考慮してみてください。
 

市立秋田総合病院 歯科口腔外科長 田原孝之

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る