インフルエンザ

 今年もインフルエンザの流行期になりました。多少の地域差はありますが、日本では、例年12月下旬から3月上旬を中心に流行します。インフルエンザはインフルエンザウイルスによってひきおこされますが、このウイルスが低温で乾燥した環境を好み、また空気が乾燥すると感染の門戸となる鼻やのどの粘膜の防御機能が低下することが影響していると考えられます。

 インフルエンザウイルスは、その抗原性の違いからA型、B型、C型に大きく分類されます。A型は症状が最も重く、流行の規模も大きく、C型は症状が軽く、目立った流行が認められず、B型は両者の中間的性格を示します。また、同一シーズン中に複数のタイプのインフルエンザが流行することが多いことから、抗原性の違いによって、A型インフルエンザにかかった後に、B型インフルエンザにかかるといった場合もあり得ます。

 インフルエンザは普通の風邪に比べ、全身症状が強く、高齢者や基礎疾患のある方では肺炎、乳幼児では脳症などの合併症を併発して重症化することがあり注意を要します。

 予防が最も大切ですが、その基本は流行前にワクチンの接種を受けることです。ワクチンは、流行が予測されるウイルス株を想定して作られます。インフルエンザウイルスの抗原性は、僅かながら常に変化しているため、ワクチンの効果は絶対的なものではなく、中には接種しても発症する方がいますが、その症状は軽度ですみます。

 近年、インフルエンザの診断法や治療薬が開発され、医師の対応もかなり楽になりました。のどや鼻腔のぬぐい液を用いた迅速診断キットの使用により、短時間で正確な診断が可能になり、治療も対症的なものではなく、インフルエンザウイルスそのものの増殖を抑える薬剤の使用により、発症後48時間以内の治療開始例では優れた効果が得られるようになっています。インフルエンザを疑わせる症状が発現した場合は、ワクチン接種の有無に拘わらず、早期に医療機関を受診することをお勧めします。
 

市立秋田総合病院 呼吸器内科 本間光信

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る