SAS(睡眠時無呼吸症候群)の検査

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、いびきや、日中の激しい眠気を引き起こすだけでなく、脳卒中など生活習慣病の引き金になります。健康な眠りを取り戻し、生活習慣病を予防するために、SAS(可能性例を含む)の検査と予防、治療を始めました。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

SASとは?
睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、気道の閉塞などの原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。いびきや起床時の頭痛、日中の眠気や倦怠感などの症状があります。また、高血圧や脳卒中などの循環器疾患や、糖尿病などの合併症を引き起こすこともあります。
さらに恐ろしいことに、日中の眠気のため交通事故や産業事故などを引き起こす可能性もあります。ですから、患者さんに合わせた、適切な検査と治療が必要と言えます。

睡眠ポリグラフィー検査とは?

睡眠ポリグラフィー検査
睡眠時無呼吸症候群の原因や重症度を調べたり、治療方法などを決定するためには十分な検査が必要です。睡眠ポリグラフィー検査は、睡眠の状態を全体的に調べる検査です。
入院(1泊)していただいて、脳波や心電図、胸部の動き、血中の酸素量などの検査端子を体に取り付けて一晩寝ていただきます。痛みは全くありません

治療方法は?

CPAP療法
適切な治療を行うと日中の眠気や倦怠感などの症状がなくなるだけでなく、合併症を予防したり、改善することができます。軽症の方は、減量や飲酒を控えるなど生活習慣の改善により症状が軽減したり、無くなることもあります。中症〜重症の方は、CPAP療法が第一選択です。
CPAP(シーパップ)療法
鼻マスクから気道に空気を送り込み、気道の閉塞を防いで無呼吸を無くす治療法です。CPAP治療を受けていただく場合は、睡眠ポリグラフィー検査後さらに1〜2日の入院が必要となります。また、当検査後いったん退院し、後日CPAP治療を導入することも可能です。
申込み・お問い合わせ 市立秋田総合病院 呼吸器内科(外来) 電話018-823-4171 (内)3130

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る