食物経口負荷試験のご案内

食物アレルギーの治療には正確な診断が大事です
食物アレルギーの治療の基本は原因食物の除去ですが、食物除去に対する考え方が、「疑わしきは除去する」から「必要最小限の除去」へと、ここ数年で大きく変わりました。わが国では食物アレルギーのお子さんは乳児で約10%、幼児で約5%、学童期以降が1.5〜3%くらいです。乳児・幼児期の食物アレルギーの3大原因である鶏卵、乳製品、小麦は、3歳までに5割、6歳までに8〜9割の方が食べられるようになっていきます。

食物経口負荷試験について

食物負荷試験とは

食物アレルギーの治療を行うためには原因食品の正確な診断が必要で、食物経口負荷試験を行うこともあります。病院や医院で、食物アレルギーの原因と疑われる食品を少量から始めて3〜5回に分けて食べ、症状が現れるかどうかを数時間かけて調べる検査です。
検査の目的は、原因食品の決定や、一定期間除去をしてきた食品を食べられるかどうかの判断をすること、入園・入学などに際し、本当に食べられないのか、どのくらいの量なら食べられるのか、重い症状が出るかなどの再評価を行うことです。食物アレルギーがある場合でも、摂取できる食品の量を明らかにし、食生活に取り入れることができる場合もあります。
大切なことは、血液検査や皮膚テストで陽性でも、食べて症状が出なければ食物アレルギーではないということです。乳児期に発症したアトピー性皮膚炎への食物の関与が見逃されて皮膚症状が良くならない場合もありますが、乳幼児期からの食物除去が再評価されることなく続いている場合もあります。

食物負荷試験を行うまでの経過

年齢、病歴(どのような症状がいつどのような状況であったのか)、アレルギー検査結果を参考にして、食物負荷試験を行う適応があるか医師と相談します。
年齢や症状の重篤度などを考慮して、外来または一泊入院のどちらで行うかを決めます。いずれの場合も誘発された症状に対しては、重症度に応じて、抗ヒスタミン薬の内服や静注、気管支拡張薬の吸入、アドレナリンの筋注などの処置を速やかに行います。

食物経口負荷試験当日のながれ

外来
入院

費用について

食物負荷試験を行う場合の負担金の試算は以下のようになります。

外来の場合

9歳未満 食物負荷試験 診療点数上10000円
(ご負担いただく額は保険証と乳幼児医療証の有無などで0〜3000円程度と異なります)

入院の場合

9歳未満 3割負担で24000円前後
(乳幼児医療証をお持ちの場合、または就学前のお子さんでは、780円〜2000円前後と異なります)
※一人一人実際にお支払いいただく額は異なりますので、保険証と乳幼児医療証などをお持ちになって個別にお問い合わせください)
○診療報酬が改定された場合は、金額が変わります。
○公費・生保の方は負担がありません。

食物負荷試験希望の方へ

小児科外来を受診し外来担当医師の診察を受けてください。
受診予約は下記までお問い合わせください。
市立秋田総合病院 小児科 TEL:018-823-4171(代表)

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る