麻酔科

▼研修医・医学生用のページへ
麻酔科研修についての情報がご覧になれます。
 

当院麻酔科には、日本麻酔科学会の認定指導医2名、専門医1名、後期研修医2名が常勤しており診療にあたっています。

 

麻酔科外来

現在は火曜日と金曜日の週2日、ペインクリニック専門医が担当して痛みの治療を行っています。
帯状疱疹や腰下肢痛の患者さんが多くなっています。以前はブロックによる治療が中心でしたが、最近は良いお薬も増え、内服薬や外用薬による治療が増えています。

毎週月曜日は、緩和ケア外来を行っています。

麻酔管理

麻酔科の診療の中心は、手術を受ける患者さんに麻酔をかけることです。一口に麻酔と言っても、全身麻酔だけでなく、硬膜外麻酔、脊椎麻酔(脊髄くも膜下麻酔)、伝達麻酔など、いく通りかの方法とその組み合わせがあります。また、患者さんの状態や手術の内容によっても麻酔の方法が変わります。当科では、患者さんやご家族のご意見・ご希望も十分伺い、患者さん一人ひとりに最も適した安全な麻酔方法を選択することにより、安心して手術に臨んでいただけるように配慮しています。

麻酔はよく旅行に例えられます。目的地に着くことが手術の目的であるとすれば、道順にある障害物が患者さんの持っている合併症などのリスクで、道順を決めることは、そのリスクを最小限にする麻酔法を選択することになります。その道順に沿って患者さんを安全に目的地に送り届けることが手術中の全身管理ということになります。全身麻酔で眠っていても、手術のストレスが身体に影響を及ぼす場合があります。呼吸や血圧、心電図や脳波、体温などのモニターから得られる情報だけでなく、実際の呼吸状態、皮膚の色や張りなどの全ての情報をもとに管理を行っています。旅行中そして到着後まで、できる限り快適に過ごしていただくことも大切な仕事だと考えていますので、痛みのコントロールにも力を入れています。

手術室紹介

当院の手術室は、6部屋あります。写真のようになっています。毎日平均で10人の患者さんが手術を受けています。麻酔科医は、執刀医、手術室専任の看護師等と協力して、患者さんの手術が安全にスムーズに行えるよう努めています。

当院の手術件数は、この3年間毎年増加しています。2013年には2264件、2014年は2309件、2015年には2488件となっています。各科の手術件数は実績に示している通りです。

中央部門としての診療

麻酔科医は、緩和ケアチームの一員として痛みの専門家としての役割を担っています。

また、集中治療室や救急外来での診療にも積極的に携わっています。患者さんと直接お話する機会は少ないのですが、目立たないところで患者さんを支えています。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る