消化器内科

診療科のご紹介

消化器内科では、食べ物が通る消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)や消化管と密接に関係する臓器(肝臓、胆嚢、胆管、膵臓)の病気に対する初期から高度医療に至るまで、高いレベルの診療を目指しております。
当院は、秋田県肝疾患診療連携拠点病院に指定されており、肝疾患に対する治療を積極的に行っております。また、日本消化器内視鏡学会認定指導施設、日本消化器病学会認定施設、日本肝臓病学会認定施設となっており、それぞれの分野の専門家が診療に携わっています。

主な診療内容

当科では、消化管腫瘍(早期の食道がん、胃がん、小腸がん、大腸がん)に対し、早期発見、早期治療を心がけ診療にあたっています。内視鏡検査においては、拡大内視鏡検査装置・超音波内視鏡装置を使用し、内視鏡治療が可能な病変を早期に発見し、すべての消化管(食道・胃・十二指腸・大腸)の病変に対し内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行っております。また、出血源が不明な消化管出血や小腸の病変に対して、小腸内視鏡を使用し、全消化管の観察、治療も行っております。
C型慢性肝炎に対するインターフェロン治療、抗ウイルス剤(テラビックなど)の治療を行っております。積極的な取り組みとして、採血にてIL28Bを薬物投与前に測定し、治療抵抗性を確認することで治療に役立てています。また、肝臓がんに対する経皮的ラジオ波凝固療法(RFA)や経動脈的肝動脈塞栓術(TAE)に力を入れ、定期的に肝臓病教室も開催しています。

その他、食道・胃静脈瘤に対する内視鏡治療(カテーテル治療と併用)、総胆管結石に対する内視鏡治療、悪性胆道狭窄に対する内視鏡治療、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病など)に対する白血球成分除去療法(GCAP,LCAP)・免疫抑制剤・生物分子学的製剤(レミケード・ヒュミラ)による治療、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の出血に対する内視鏡的止血術、胃瘻造設術など消化器診療全般にわたって診療を行っています。
また、外科、放射線科、緩和ケアチームなど他科との密接な診療連繋を取り、的確・迅速な治療体制を整えています。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る