活動状況

認知症疾患医療センターの活動状況について、ご報告をします。

2017/6/7、9 認知症サポーター養成講座を開催

 平成29年6月7日(水)、9日(金)に認知症サポーター養成講座を行いました。この養成講座は国の新オレンジプランに基づき、認知症の方が地域で暮らしやすいように企業、学校や地域住民など地域全体でサポートしていくための取り組みで、八橋地域包括支援センター社協に講師をお願いし、認知症に関する基本的な事を学びました。

2017/3/8 市立病院&タニタ食堂「健康カフェ」にて講演

 平成29年3月8日(水)、あきたタニタ食堂にて「物忘れと認知症」をテーマで、当院センター長 内藤先生から「もの忘れ外来と認知症」を、認知症認定看護師 川越師長から「認知症の日常生活の注意点」を講演いただきました。皆さんが興味のあるテーマのため、多くの方に参加いただきました。また、講演後にはタニタ食堂の健康食を体験していただき、好評の中、終了いたしました。

2017/2/23 第1回認知症疾患医療連携協議会を開催

 平成29年2月23日(木)、当院にて、行政、医師、認知症地域支援推進員、介護支援専門員協会、認知症グループホーム連絡会及び当院職員からなる認知症疾患医療連携協議会を開催しました。

2016/11/14 第1回秋田中央地区認知症疾患医療センター研修会を開催

 平成28年11月14日(月)、秋田市にて、第1回秋田中央地区認知症疾患医療センター研修会を開催しました。
 当日は、第3回地域と病院の交流会と同時開催となり、多くの地域包括支援センターや介護施設関係者などにご参加いただきました。また、秋田市長様、秋田緑ヶ丘病院秋田県認知症疾患医療センター長 坂本哲也先生にご挨拶をいただくと共に、秋田県立リハビリテーション・精神医療センター秋田県認知症疾患医療センター長 下村辰雄先生に「認知症疾患医療センターの役割と現状」の講演を、当院センター長 内藤信吾先生が市立病院認知症疾患医療センターの紹介をいたしました。さらに認知症についてグループワークを行い、多くの意見交換・情報交換をし、地域の連携強化に繋がる会となりました。

2016/11/08 第1回秋田県認知症疾患医療センター連携協議会を開催

 平成28年11月8日(火)、秋田市内にて、第1回秋田県認知症疾患医療センター連携協議会を開催しました。
 当日は、第40回市立病院地域医療連携の会と同時開催となり、多くの医療関係者の方にご参加いただきました。また、秋田県健康福祉部長様、秋田市福祉保健部長様からご挨拶をいただくと共に、紹介症例検討として、当院の東紗弥先生および川越智認定看護師に、講演として、秋田緑ヶ丘病院秋田県認知症疾患医療センター長 坂本哲也先生に「認知症と地域 ~センター開設1年を経験して~」を、当院センター長 内藤信吾先生に「市立病院認知症疾患医療センター基幹型の役割と連携について」を、さらに特別講演として、秋田大学大学院医学系研究科 精神科学講座 清水徹男教授に「睡眠障害と認知症について」をご講演いただきました。
 ご参加いただいた方に満足いただける会となり、その後の懇親会にも多くの方にご参加いただき、盛大な会となりました。

2016/11/06 市民健康講座を開催 

 市立病院祭にて市民権講座を開催し、当院副センター長 大川聡先生に「増えている第2の認知症~レビー小体型認知症について~」を講演いただきました。

2016/10/01 秋田県認知症疾患医療センターを開設

 秋田県から指定を受け、県内初の基幹型の認知症疾患医療センターを開設しました。
 当センターでは、医療・介護機関や行政などと連携を図りながら、専門医療相談や鑑別診断、身体合併症の急性期治療等により総合的に認知症疾患に対応してまいります。また、お住まいの地域における認知症疾患の医療やケアの水準を向上させることで、安心して生活していけるように、地域の医療・介護関係者への研修等も行ってまいります。

2016/09/26~10/04 認知症院内研修を開催

 認知症疾患医療センター開設にあたり、院内全職員を対象に全4回開催し、認知症のある人への基本的な対応や認知症患者のケアなどについて学びました。

 

 

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る