NST

NST(栄養サポートチーム)について 

 すべての疾病において栄養状態が悪いまま治療を行っても効果が減じてしまったり、褥瘡ができたり、入院期期間が長くなる可能性があります。また、食べ物がうまく飲み込めないことによって誤嚥性肺炎を起こしてしまいます。

 NSTとはNutrition  Support  Team の略語で、入院患者さんの栄養管理を個々の症例・病態に応じて適切に実施する栄養サポートを医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、言語聴覚士、理学療法士など多職種が共同で実践するためのチームのことをいいます。

 当院では平成17年9月にNSTを設置し、栄養管理を必要とするすべての患者様を対象に栄養状態の改善・治療効果の向上・合併症の予防・在院日数の短縮・医療費の軽減などを目的として活動しています。また、平成29年6月からはNSTの中に嚥下ケアチームも設置し、良好な食事摂取を目指し、口腔ケア・食べる機能の回復・食事形態の改善などを図り、肺炎予防・日常生活の向上につながるよう努めています。

 当院の主な活動内容

●NST

1 入院患者のスクリーニング
 一般病棟

①全入院患者に週1回「低栄養患者スクリーニング」を実施し、低栄養患者を抽出する。
(Alb3.0g/dl以下、またはHb10.0g/dl以下、またはTLC1200ul/以下)
 抽出後、病棟リンクナースがSGA評価シートを入力し、主治医に介入を依頼する。

②主治医により直接介入依頼

 ICU

③緊急入院すべての患者を対象

2 カンファレンス・評価・回診

・毎週木曜日16時よりカンファレンスと回診

・栄養状態の評価、栄養療法のプランニング等をNST回診記録入力する。

・ICU及び主治医からコンサルテーションの場合は24時間以内に回診し、回診記録に入力する。

3 委員会・勉強会(嚥下ケアチームと合同で実施)
  • 勉強会 ⇒毎月第1木曜日17時~(8月、1月は除く)
  • 委員会 ⇒毎月第1木曜日、勉強会終了後に実施(委員会の中では毎月症例検討も行っている)

NSTカンファレンス

NST回診

NST勉強会

   

 ●嚥下ケアチーム

1 入院患者のスクリーニング

 全入院患者に看護師が「入院時摂食嚥下スクリーニング」を実施、摂食嚥下障害患者を抽出する。抽出後、看護師が主治医に介入を依頼する。
 介入後、耳鼻咽喉科医師が内視鏡嚥下機能検査または嚥下造影を実施する。

2 カンファレンス・評価・回診

・患者毎に週1回、カンファレンスと回診

・嚥下ケアチーム回診記録に嚥下状態の評価と摂食機能療法のプランニングを入力し、摂食機能療法を実施する。

3 委員会・勉強会(NSTと合同で実施)
  • 勉強会 ⇒毎月第1木曜日17時~(8月、1月は除く)
  • 委員会 ⇒毎月第1木曜日、勉強会終了後に実施(委員会の中では毎月症例検討も行っている)

嚥下ケアチームの回診

当院の嚥下食(ソフト食)
  

NSTの構成メンバー

職種 医師 看護師 管理栄養士 薬剤師 臨床検査技師
言語聴覚士 理学療法士 臨床工学士 歯科衛生士 事務職

・NST専門療法士取得者:薬剤師2名、管理栄養士2名
・日本摂食嚥下リハビリテーション認定士:言語聴覚士1名

学会による認定

 当院は日本静脈経腸栄養学会、日本栄養療法推進協議会の「NST稼働施設」に認定されています。
 


秋田県NST研究会のページはこちらから。

問い合わせ先
事務局医事課 電話 018-823-4171
FAX 018-866-7026

 

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る