臨床修練病院として指定されました

 

臨床修練病院 このたび厚生労働大臣より臨床修練制度における「臨床修練病院」として指定を受けました。

 臨床修練制度は、「外国医師等が行う臨床修練に係る医師法第17条等の特例等に関する法律」に基づく制度で、日本の医師免許を持たない外国人医師等の方は、日本国内において医療行為が認められておりません。臨床修練制度は、こういった外国人医師等が医療行為を伴う研修を希望した場合、厚生労働大臣の許可を受けたうえで「臨床修練病院」において「臨床修練指導医」の指導監督の下、2年間の医療行為(処方せんの交付を除く)を行うことが認められる制度です。

 これまで当院では、蘭州市(中華人民共和国・甘粛省)から40名以上の医療交流生を受入れており、今回「臨床修練病院」として指定を受けたことで、より充実した医療研修が可能となりました。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る