次世代育成支援行動計画

 地方独立行政法人市立秋田総合病院に勤務する職員が子どもを安心して生み、育てることができる、働きやすい職場環境をつくるとともに、子どもの健康に関して、市民病院としての社会的役割を果たすため、次のように行動計画を策定する。

1 計画期間

 平成26年4月1日から平成31年3月31日

2 内容

 目標1:計画期間内に妊娠・出産を機に退職する職員をゼロにします。

〈対策〉

○平成26年4月1日から、職員が24時間利用できる院内保育所を設置・運営します。

○申出があれば、無期雇用職員については、子が3歳に達するまで育児休業ができること、子が小学校就学前まで所定労働時間が短縮されること、深夜勤務が免除されること、子が中学校就学前まで子の看護休暇が取得できること、また、有期雇用職員については、これらの制度については育児介護休業法の規定によることが原則となっていることなどを職員に周知します。

○妊娠中や出産後の女性職員に対し、職場復帰についての相談に応ずる体制を整備します。

 目標2:計画期間内に育児休業の取得率を次の水準にします。

              女性職員・・・対象者の取得率100%

      男性職員・・・計画期間中に2人以上取得

〈対策〉

○育児休業についての制度周知を徹底します。

○全職員にワーク・ライフ・バランスについての理解・啓発を図り、職員が気兼ねなく育児休業を取得できる職場の雰囲気づくりに努めます。

 目標3:市民病院として、子どもの健康に関する社会的な役割を果たします。

〈対策〉

○小児科医師による平日24時間体制の小児科救急を継続実施します。

○平成26年4月1日から、病児対応型の病児保育を実施します。

○市内の団体等からの求めに応じて子どもの健康に関する出前講座を実施します。

 目標4:次世代育成のため、若年者等に対する社会的な役割を果たします。

〈対策〉

○学校等から就業体験の依頼があった場合は、積極的に受け入れます。

○看護学生等を対象にした職場体験を実施します。

前のページへ戻る

ページ上部へ戻る